歌川広重 二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版

歌川広重『東海道五拾三次』保永堂版より「日本橋 朝之景」
歌川広重『東海道五拾三次』丸清版より「日本橋」
会期 2019年1月12日(土)-3月21日(木・祝)
休館日 2019年1月21日(月)、2月25日(月)、3月18日(月)
観覧料 一般800円(640円)、学生500円(400円)、シニア720円
高校生以下無料 ( )内は20名以上の団体料金 シニアは70歳以上
会場 秋田県立美術館 3階ギャラリー1・2
主催 秋田県立美術館(指定管理者 公益財団法人平野政吉美術財団)
展示内容 歌川広重(1797-1858)の代表作、東海道五拾三次シリーズのなかから、1834年に出版された「保永堂版」と、その15年後に出版された「丸清版」を展示します。
この二つの東海道五拾三次は、同じ宿場を描いているにもかかわらず、構図が異なり、また出版元の意向や経済状況など、時代の雰囲気が色濃く反映されています。
歌川広重の豊かな構想力と、彫師、摺師など職人の技術を結集した、浮世絵の魅力を紹介します。
お問い合わせ 秋田県立美術館(指定管理者 公益財団法人平野政吉美術財団)
電話 018-853-8686

Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved