ABS秋田放送

2019年03月13日

涙雨の8年目

東日本大震災から8年となりました。
亡くなられたみなさまのご冥福をお祈りします。

節目に当たる3.11、地元・岩手県大船渡市の犠牲者追悼式に参列してきました。
椿
犠牲者追悼式
被災地の沿岸では、久し振りにまとまった雨となり、涙雨の1日。
散華のように降る雨のなか、悲しみと寂しさが街中を包み込んでいました。
いくら時間が経とうとも、つらい記憶や感情が消えることはないんだということを肌で感じました。

震災前より立派な建物や、高い防波堤が出来て、街はキレイになり、ハード面の復興は確実に進んでいます。

ただ、そのキレイな街で一緒に生きていく人を亡くしてしまった被災者にとっては、心=ソフト面の復興はまだまだと言えます。

一人ひとりの心が穏やかになる日は、まだ先なのかもしれないと思いました。
復興の本質は、そういった見えないところにあるのかもしれません。

そんななか、復興支援のため被災地支援を続けている秋田のみなさんの力強さは本当にすごいなと、改めて感じました。
やはり、東北人はたくましいですね!!
その秋田の人のたくましさを、今後、取材してお伝えしたいなと思います!

わたしも、被災されたみなさんの心の穏やかさを取り戻せるよう、これから自分に何が出来るかしっかり向き合って、放送に生かしていきたいと思います。

ちなみに…
今回は岩手の沿岸部を走る三陸鉄道で帰省しました(((o(*゚▽゚*)o)))
秋田駅から、最寄りの陸前赤崎駅まで約7時間の長旅でしたー!
三陸鉄道
三陸鉄道は、震災以降、南リアス線と北リアス線が寸断されていましたが、3月23日、全線がつながります!
南リアス線は半分近くがトンネルなのですが、トンネルを出た瞬間、綺麗なリアス式海岸が目に飛び込んできます♪
三陸鉄道
三陸鉄道
つり革がちょっと変わっていたり、ホタテの絵馬がある駅舎があったりと、見所は結構あると思います♡
三陸鉄道
三陸鉄道
それから、わたしも子供の頃そうだったのですが、この辺りの方たちは、列車を見るとかなりの高確率で手を振ってくれます。
地域性なんでしょうかヽ(*'v'*)ノ
そんな、地域の方たちとのちょっとしたコミュニケーションもほっこりします

楽しみながら、足を運んでみてください♪

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved.