ABS秋田放送

2019年04月19日

ホーム最終節

プロバスケットボールBリーグ・B1 ホーム最終節のレバンガ北海道との2試合、
4月13日(土)はテレビ中継のベンチリポーターとして、
14日(日)は「Cheer Happinets!」の取材で観戦に行きました。

ホーム最終節・レバンガ北海道戦

土曜日は「勝てば12試合ぶりの勝利」、日曜日は「勝てばB1残留決定」という、
いずれも絶対に勝ちたい試合でした。
その中で両日ともに、後半に点差をつけて見事勝利することができましたね!

4月18日の「Cheer Happinets!」では、これらの試合について、
B1残留が決まった瞬間の実況も交えてお伝えさせて頂きました。
試合終了後、喜びと安堵の表情を見せていたブースターの皆さんの声もお届けしましたよ。

様々な感動があった中で、私が個人的に嬉しかったのが、
日曜日のホーム最終戦で、試合に出場した選手たち全員がシュートを決めたということです。
今シーズン、試合を観てヘッドコーチや選手たちにインタビューをしてきた中で、ハピネッツは「選手全員がキープレイヤーで、全員で勝ちに行く」ことを大切にしていることが分かりました。
それがこのホーム最終戦で「得点」という形で現れ、B1残留を決めた瞬間も、選手たちが喜びながらお互いのもとへ駆け寄る姿が見られてとても嬉しかったです。

今シーズンまだ2試合残っていますが、思いっきり自分たちのバスケをしてきてほしいです!

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved.