パイセン!〜大学の歩き方〜

カテゴリ「パイセン」のアーカイブ

2018年8月31日

日本大学 2年 伊藤 雄拓さん

今回のパイセンは、

秋田高校出身 日本大学2年生

伊藤 雄拓(いとう たかひろ)さんです!

日本大学 2年 伊藤 雄拓さん

【たかぴー】

高校時代はInspireという5人組のバンドを組んでいた雄拓さん

タマリバのインタビューにもよく答えてくれていて、

当時は「たかぴー」という愛称で呼ばれていました。

今は社会の教員を目指して勉強していますが、

やはり大学の勉強は高校とは違っていて、

歴史的な事実をただ覚えるだけでなく、

何故、そのようになったのかの経緯を考える

質の高い学びが楽しいんだそうです。

(スペース3行)

【軽音サークル】

高校時代はベーシストとして活動していた雄拓さん

現在は大学の軽音サークル【F.S.A.】で

仲間と一緒に音楽を楽しんでいます。

ちなみにFSAは

Free Sounds Associationの略なんだとか。

サークルでは、

今まで触れることのなかった洋楽を聞いたりして

自らの音楽の幅も広がっているそうです。

大学の出会いは

これまでの価値観を広げてくれる本当にいい機会ですよね!

今、サークルで仲良くしている人は

秋田の大曲出身ということで、

サークル内でも秋田の親交を深めています。

日本大学 2年 伊藤 雄拓さん
日本大学 2年 伊藤 雄拓さん

(スペース3行)

【ニューベース】

より音楽的な世界が広がった雄拓さん

大学に入ってから新しいベースを購入しました。

「1本の木でボディが作られていて

 とても詰まった音がする!」

というそのベース

価格は20万円以上するそうです。

そのベースを手に入れるために

焼肉屋さんのアルバイトも頑張っているんだとか!

(スペース5行)

【高校時代の彼女と…】

高校時代、アルヴェでインタビューする時には

雄拓さんの隣にはいつも彼女がいました。

高1の頃から付き合っていたその彼女のことを聞くと

「彼女も東京に来ていて、まだ付き合ってますよ」

と嬉しい報告をしてくれました!!

スカイツリーに行ったり、

パンケーキ屋さんに並んだり、

東京の大学生らしいデートをしているそうです。

これからもずっと仲良くしてくださいね!

(スペース3行)

【国数英】

高校2年までは

お世辞にも成績が良くなかったという雄拓さん

夏休みに入ってからは

まず、基本の成熟が必要な国語・数学・英語の教科に力を入れて

暗記教科は終盤に追い込みをかけたそうです。

その成果が実って、

見事に大学合格を勝ち取ることが出来ました!

それぞれの大学に進んだ高校のバンドメンバーとも

ちょこちょこと連絡はとっているということだったので、

いつの日か、Inspireのバンドでも

復活ライブを期待したいです!!

2018年8月24日

埼玉大学 2年 黒木 結菜さん

今回のパイセンは、

秋田南高校出身 埼玉大学2年生

黒木 結菜(くろき ゆうな)さんです!

埼玉大学 2年 黒木 結菜さん

【ミス埼大】

マティログ編集長の母校でもある埼玉大学

そのミスコンに挑戦しているのが

今回のパイセン、結菜さんです。

現在、ファイナリスト5人に選ばれている結菜さん

今は秋の大学祭に向けて

SNSなどを使ってPR活動をしています。

きっかけは去年の学祭

先輩がミスコンにエントリーしていて

そのドレス姿に憧れて

自分も挑戦してみようと思ったそうです。

最近は人に見られる機会が増えてきて

普段の生活を見直すようになりました。

体育館のトレーニング場で筋トレをしたり

ちょっとした距離を歩いてみたり

心がけるようになったそうです。

 
 

【ツイッター】

元々は自分の写真をたくさん撮る方ではなかった結菜さん

今は、SNSでのPR活動のために

自分の顔をたくさん載せるようにしているとか

写真と一緒に

地元の稲庭うどんを載せたりするのは

結菜さんの秋田愛なのかもしれませんね。

埼玉大学 2年 黒木 結菜さん
埼玉大学 2年 黒木 結菜さん

そんな結菜さんのツイッターは

@Miss_sai_1803

です。

是非チェックしてみて下さい。

 
 

【アルバイト】

今は、結婚式場のアルバイトをしている結菜さん

結婚式の雰囲気に触れるたびに

幸せな気持ちになるんだとか。

時には結婚したくなることもあるんだそうです。

また、平日にはお肉料理のお店でアルバイトしていて、

そちらは賄いが美味しくて

そちらはそちらで幸せな気持ちになれるんだとか(笑)

 
 

【養護教諭養成課程】

大学では教育学部の

養護教諭養成課程で学んでいます。

元々、母親が養護教諭をしていた影響もあり

また、自らも高校時代にマネージャーだったこともあり

その道を志すようになったそうです。

高校時代は、一人だと勉強しないタイプだった結菜さん

常に人の目がある所で勉強をすることで

受験勉強に集中できる状況を作っていたそうです。

インタビューの最後に聞かせてくれた

「バイバ〜イ」がかわいかった結菜さん

ミス埼玉大学に選ばれた際には

もっともっと秋田をPRして欲しいですね!!

編集部も応援しています!

埼玉大学 2年 黒木 結菜さん

2018年8月17日

日本大学芸術学部 3年 生駒 孝文さん

今回のパイセンは、

由利高校出身 日本大学芸術学部3年生

生駒 孝文(いこま たかふみ)さんです!

日本大学芸術学部 3年 生駒 孝文さん

【日芸!】

高校時代から放送部の活動に熱心だった孝文さん

大学でも放送の道を志し

今は日本大学芸術学部の放送学科で放送漬けの日々を送っています。

テレビ、ラジオ、映像制作、音響制作、CMの5つの専攻がある中

孝文さんは、ラジオを専攻しています。

自分で番組の企画をしたり、ディレクターとして番組を作ったりしつつ

高校から続けている喋り手としても頑張っていて、

授業で作るラジオ番組のパーソナリティや

イベントの司会なども務めたりしています。

プロのアナウンサーに指導を受けたりするほか、

志の高い仲間がいるということも

日芸にきた利点だと孝文さんは話してくれました。

 
 

【オーディオ無線研究会】

現在は、ラジオ番組を作るサークル

オーディオ無線研究会の54代目の会長を務める孝文さん

自分たちの好きなラジオの世界にどっぷりつかっています。

BL系のラジオドラマやカラオケをやったり

ミュージカルの番組を作ったり

既存の枠にとらわれない活動を続けています。

 
 

【ラジオ中心】

高校時代は、モノノフ(ももいろクローバーZのファン)として

オタク活動もしていた孝文さんですが、

今は、あまりももクロは追いかけていないということ。

「高校時代はももクロと放送の2つが支えでしたが

 今はラジオや放送にすべてを注いでいるって感じです」

大学で好きなことに熱中できている孝文さんの声は

やる気と熱意に満ちていました。

 
 

【自分だけの強み】

高校時代は進学にあまり意欲がなく

日芸という存在も高3まで知りませんでした。

そんな孝文さんに、

高校時代の恩師、今井先生がAO入試を進めてくれました。

あまり気負いもなく面接に挑めたことが

良かったんじゃないかと振り返ってくれました。

周りは面接対策をしたシュッとした人が多い中

「僕だけじゃがいもみたいでした」

という孝文さん

その自分らしさが彼の魅力だったのかもしれません。

正解を追って綺麗な答えをするよりも

自分らしさを大事にすることが

面接では大切なのかもしれません。

将来は、何かしら話す仕事がしたいという孝文さん

編集長はラジオの世界をオススメしていました。

いつの日か、一緒に番組をやれること

編集部一同楽しみにしています!

日本大学芸術学部 3年 生駒 孝文さん

パイセンへの質問大募集!

〒010-8611 ABSラジオ「パイセン!」
FAX018-824-8564

mail form