パイセン!〜大学の歩き方〜

2018年8月3日

東北学院大学 3年 桜庭 菜々子さん

今回のパイセンは、

聖霊女子高校高校出身 東北学院大学3年生

桜庭 菜々子(さくらば ななこ)さんです!

東北学院大学 3年 桜庭 菜々子さん

【教員を目指す】

高校時代にタマリバのインタビューでお会いしていた菜々子さん

今は東北学院大学の教養学部 人間科学科で学んでいます。

おばあさんが教員をやっていて、

小さい頃からおばあちゃんっ子だったという菜々子さんは

小学生の頃から教員を目指していました。

3年生になってからは、教育学を専攻していて、

将来の夢に向かって努力しています。

 
 

【スマホで大学】

東北大学大学では去年から、

スマホを使った「manaba」というシステムが導入されていて、

レポートの提出や小テストもスマホで出来るようになりました。

選択問題の場合、締め切りの時間がきた瞬間に

即座に成績や平均点が分かるようになっているんだそうです。

講義の出席もスマホでやっているので、

学生にとって、スマホは必要不可欠なんですって。

 
 

【寮から一人暮らし】

菜々子さんは、2年生までは学内にある女子寮で過ごしていました。

寮では、他学部の友達が出来たり、

仲間と一緒にイベントをやったりして楽しかったことも多かったそうです。

その一方、門限があるのがちょっと大変だったと話す菜々子さん

3年生からは一人暮らしを始めています。

自由を手に入れた菜々子さんは、

大好きなV6のライブにも足を運んだりしています。

推しのメンバーは三宅健さんで、

KEN Tackeyの活動も応援しています!

 
 

【ボランティア活動】

菜々子さんは、ボランティア活動もしています。

チャンスフォーチルドレンという

子どもたちの学校外教育機会を保障することを目的に設立された団体で

中高生と電話で話をしているんだそうです。

以前、イベントで担当している学生と顔を合わせる機会があり

その時に担当している子にかけられた

「電話、本当に楽しみにしているんですよ」

という言葉が印象に残っていて、

続けてきてよかったなとその時のことを振り返ってくれました。

 
 

【日頃の勉強】

高校3年生の頃、

菜々子さんは将来について考え、

その時に一番はじめに頭に浮かんだのが

教員になる!という幼い頃からの夢でした。

そして、先生から指定校推薦のことを教えて貰い、

見事、その推薦枠で合格を勝ち取った菜々子さん

改めて日頃の勉強の大切さを感じたそうです。

これからも学校生活にボランティア活動に

イキイキとした大学生活を送って、

将来は素敵な先生になって欲しいですね!

編集部も応援してます。

パイセンへの質問大募集!

〒010-8611 ABSラジオ「パイセン!」
FAX018-824-8564

mail form