パイセン!〜大学の歩き方〜

2018年6月8日

現在国際教養大学 2年 三政奈緒さん

今回のパイセンは、

大館国際情報学院高校出身で現在国際教養大学2年

三政奈緒(みまさ なお) さんです!

現在国際教養大学 2年 三政奈緒

高校時代から「タマリバ」には出演してくれていた奈緒さん
最後に電話出演してくれたのがマティログ編集長が番組を卒業した日でした。

お互い懐かしさを感じながら、インタビューを進めました。

【AIUは寮生活】
国際教養大学では、1年生の時には全員が寮生活をして

留学生と同部屋で過ごすというルールがあるのですが、

奈緒さんは、運悪く一緒に住むことができなかったために、

2年生になってからアメリカ人の女の子とルームシェアを始めました。

毎朝コーヒーを飲むというそのルームメイトは、

奈緒さんの為にも美味しいコーヒーを淹れてくれるんだそうです。

その御礼に「秋田弁」を留学生に教えている奈緒さん

オススメの秋田弁は「なんもだ」なんですって!

 
 

【グローバルセミナー入試】

そんな菜緒さんはAIUにグローバルセミナー入試で入学しました。

グローバルセミナー入試とは、秋田県内の高校生を対象にしたもので、

毎年5月と8月に開催されるセミナーに参加し、

そのセミナーのレポートを作成することで、

入試のポイントにつながるというものなんだそうです。

奈緒さん曰く

「秋田県の高校生でAIUに凄く入りたいという人には絶対にオススメしたい」

とのこと。

早い時期から希望校を決めていくというのは、

こういう所でも活きてくるようです。

 
 

【志したきっかけは】

奈緒さんが通っていた大館国際情報学院は

高校受験がない中高一貫だったために

中学1年の頃から漠然と大学進学を考えていました。

そんな時にAIUの留学生が学校に交流として来てくれる機会があり、

私もこんな風になりたいなと思ったんだそうです。

その気持ちを持ち続けた菜緒さんは、

秋田県が毎年開催している高大連携授業に

高校1年生の頃から欠かさずに参加し、

常に高い目標を目の前に置くようにしていました。

AIUの教授の授業を受けることは刺激も多く、

グローバルセミナーのトレーニングにもなっていたんだそうです。

 
 

【大学での活動】

高校時代は、「大館まちづくり会議HACHI」のメンバーとして活動していた奈緒さん

大学に入ってから、学外の活動には積極的に関わってきました。

高校時代から将来は秋田の為に働きたいと話してくれていた奈緒さんに

今の考えをきいたところ、こんな答えが返ってきました。

「将来はずっと秋田で働いて秋田に貢献しようと思っていたんですけど、

 最近はずっと秋田に居る事だけが全てじゃないんじゃないかと思い始めてます」

最近、奈緒さんが知った言葉、それは「関係人口」

ただでさえ減っている人口を各県同士で取り合うのではなく、

関わっている人の数が重要なのではないかという考え方です。

今までは、秋田に住むことこそが美徳だと信じてきた奈緒さんにとっては

価値観を揺さぶられるような考え方でした。

しかし、その関係人口の考え方をしるようになった奈緒さんは、

AIUに入学したことで更に広い世界を見ることが出来るようになりました。

その魅力に触れるたびに、もっと幅広い知識を得て、

より秋田の為になるような生き方をしたいと考えるようになったんだそうです。

奈緒さんが、多様な価値観を得て、

どんなものを秋田にもたらしてくれるのか、今から楽しみです!!

現在国際教養大学 2年 三政奈緒
現在国際教養大学 2年 三政奈緒

パイセンへの質問大募集!

〒010-8611 ABSラジオ「パイセン!」
FAX018-824-8564

mail form