パイセン!〜大学の歩き方〜

2018年5月25日

新潟大学 2年 佐藤将賢さん

今回のパイセンは、

秋田高校出身で現在新潟大学2年

佐藤将賢(さとう まさたか) さんです!

新潟大学 2年 佐藤将賢さん

【高校時代は2年連続】
高校時代はSTAFFという5人組のバンドを組んでいた将賢さん
2年連続で秋高祭のテーマソングを担当するなど、
積極的な活動をしていました。

当時のバンドメンバーとは、
今でも帰省した際にあったりしているそうです。

今回のインタビューでは、
マティログ編集との久しぶりの会話を楽しんでくれました。

 
 

【新しい材料を】

現在は、新潟大学の工学部で化学系の勉強をしている将賢さん

最先端の技術を使い、新しい材料を開発する傍ら、

高校時代から続けているバンド活動も継続して楽しんでいます。

「軽音楽部」と「モダンミュージッククラブ(通称MMC)」を兼部していて、

パンクロックのバンドでギターボーカルを担当しています。

現在新潟大学 2年 佐藤将賢さん

 
 

高校時代は、ひとつのバンドに集中していた将賢さんですが、

今は、ライブごとに、企画バンドを組むことが多いんだそうです。

しかし、本当は一つのバンドで絆を深めていきたいと思っていて、

今は、学外のライブハウスでも活動できるバンドメンバーを探しているのだとか。

 
 

【振り返ってみると】

将賢さんは、大学に入ってから他県の友達と話す中で、

高校時代の秋田のバンド環境についてこんなことを感じたそうです。

「ライブハウスやSOYとかKさんとかタマリバさんとか
 協力してくれる大人の方がたくさんいた秋田の環境は恵まれていたんだなと思うよ
うになりました」

離れてみたからこそ分かるありがたみを、

今、秋田で活動している後輩たちにも伝えたいと将賢さんは話してくれました。

 
 
 
 

【恋愛模様】

軽音部では、ちょっと気になっている女子もいるという将賢さん

その子は、新入生でメタルが好きな女の子なんだそうで、

今は、その子とのデート資金を貯めるためにアルバイトにも精を出しています。

居酒屋と放送局の二つのバイトを掛け持ちしていて、

放送局ではニュース中継のカメラアシスタントをしています。

軽音楽繋がりで始めた放送局のバイトはとてもやりがいを感じているそうです。

 
 
 
 

【浪人時代】

「親のすねをかじって浪人させてもらっていました」

そう語る将賢さん

高校時代の自分の不甲斐なさを後悔したそうです。

今いる新潟大学も第1志望ではなかったそうですが、

実際に、大学生活を過ごして、新潟で人との出会いに恵まれてみると

「ここにきてよかったな」

そう思ったそうです。

人生にとって回り道はない!

自らの体験からそう感じることが出来た将賢さんは、

充実した大学生活を送っているようでした。

現在新潟大学 2年 佐藤将賢さん
現在新潟大学 2年 佐藤将賢さん

パイセンへの質問大募集!

〒010-8611 ABSラジオ「パイセン!」
FAX018-824-8564

mail form