ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS

冒険家、阿部雅龍の夢~白瀬矗を追いかけた南極の足跡~

sumally

冒険家、阿部雅龍。

挑んだのは、人類未踏の「しらせルート」による南極点への単独徒歩到達。

今から110年前、様々な難局を乗り越え南極探検に乗り出した「白瀬矗」の後を追いかける。

54日間の冒険で、彼は何を見て、何を感じて、何を見出したのか。

そしてこの過酷な挑戦を支えたものは何だったのか。

知られざる冒険の裏側を明らかにしていく。

movie

「そりに積まれた装備品」

総重量13kg。うち食料80キロ、燃料10キロ。
生き延びるためだけの装備を阿部さんはひく。

「ハロ現象」

太陽の光が空気中の氷に反射し、円形や棒状の光の芸術が生まれる

「大和雪原」

白瀬矗が日本人として初めて立った大和雪原(やまとゆきはら)。
その後この足跡を辿り、秋田県人・阿部雅龍さんは110年ぶりに同じ場所を行く

「美しき猛吹雪」

-20℃の世界。美しくも狂暴な大自然の中を54日間歩き続けた。