ABS秋田放送

2015年12月21日

箭内言う 2015冬

今月13日(日)に放送した
ABSラジオ特別番組「箭内言う」

クリエイティブディレクターの
箭内道彦さん
とみなさまのお耳にかかりました。

箭内さんにお供させていただくのも5回目。
いつも生放送前にお昼ごはんを食べながら打ち合わせをします。
親戚が集まったような雰囲気で、
ドキドキわくわくそわそわ♪ちょっぴり懐かしい感じがするは、私だけでしょうか(笑)

今回は、
スタジオゲストに、
秋田公立美術大学のみなさんと、
秋田経済新聞編集長の千葉尚史(ひさし)さん
三種町在住の僧侶兼ミュージシャン・渡邉英心さんをお迎えしました。

秋田経済新聞…
いつも見てます~(笑)インターネットのお気に入りに入ってます~(笑)
街ネタにニュース性をまとわせた「なるへそほっこり」なインターネット新聞。

「みんなの経済新聞」が母体となっています。
「秋田経済新聞」をはじめ、
「シブヤ経済新聞」など、全国各地の経済新聞が存在します。
ちなみに、箭内さんが来年春にスタートする「渋谷のラジオ」には、
シブヤ経済新聞の編集長が関わっています。

放送風景 01

箭内さんは、以前千葉さんとお会いしたことがあったようで、
千葉さんに「夏目漱石の友だち」というキャッチコピーを付けました。
「夏目漱石」ではなく、あくまで「友だち」というところがポイント高いです(笑)

「箭内言う」今回のテーマは「ラジオ×(かける)○○」
ラジオと組み合わせたら面白いと思うものを募集しました。

秋田経済新聞編集長の千葉尚史さんが考える「ラジオ×(かける)○○」は、
「ラジオ×汝の隣人を愛せよ」
大切なもの、探しものは、意外と近くにあるもの。
出会った人たちを大事にしていれば、
ラジオもなくてはならないものになるとお話ししてくれました。

続いてのゲストは…

昨今、「お坊さん」がブームです。
ドラマやバラエティ、婚活の分野でも!

「お坊さん」来てくれました。

お坊さんなんですが、ミュージシャンでもあるんです!

放送風景 02

三種町在住、実家「松庵寺(しょうあんじ)」の住職でありながら、
自らがフロントマンを務めるバンド「英心&THE MEDITATIONALIES」でも活動しています。

この日は、午前中の法事を終えて来てくださいました。

ありがたやありがたや。

英心さんが考える「ラジオ×(かける)○○」は…
「ラジオ×救い」
1日の終わり、自分のスイッチを切ったときに、
ラジオから流れる音楽や声で、
救われる気持ちになることがある。
ラジオは、そんな心の救いになれる存在。

おしまいに、
箭内さんの考える「ラジオ×(かける)○○」は…
「ラジオ×あなた」

あなたがいるから、ラジオがある。
ラジオは、いつも、あなたのそばにいる。

そっと寄り添えて、いざというとき大きな力になる。
そんな存在にラジオがなれるといいな、
そう思いました。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved.