ABS秋田放送

2016年7月13日

FUNAKAWA  ひのめ市 2016

男鹿市船川 男鹿駅から西へ5分ほど進んだところに「三角広場」と
呼ばれる場所があります。
7月17日(日)この三角広場などを会場に「ひのめ市」が
行われます。
船川を人の行きかう地域にしていこう!と動いていらっしゃる
船木一人さん、福島智哉さんにお話伺いました!

ひのめ市~2

「ひのめ市」が行われるのは、今回が2回目。
三角広場や、周辺の空き店舗には お菓子や加工品などの おいしいものものや
農産物、雑貨、洋服などなどのお店が並ぶそう。
その数は、第2会場の 大龍寺 でのお店を合わせて
なんと45店舗!!
岩手県盛岡市や、花巻市からも、とても魅力的で特色あるお店がやってくるそう。

ひのめ市 1

昨年は、船川にこんなに人が! と 驚くほど 大盛況だったのだとか。

中心で舵をとる 船木さんは、3年前 東京から男鹿へ移住し
「Own garment puroducts (オウン ガーメント プロダクツ)という
服飾のブランドを立ち上げて、洋服を作っていらっしゃいます。

福島さんは、三角広場の目の前にある老舗 
福島肉店「グルメストア フクシマ」の4代目です。
(大正時代からの味 フクシマのコロッケは絶品☆)

コロッケ!

お2人は、賑わいを見せていた十数年前とは変わって、今の船川は
寂しくなってきたな。という印象をを受けていたそう。
そして「なんとかしたい」「とにかくここでワイワイ楽しくイベントを」と
ひのめ市を企画したそう。

「ひのめ市」のは、日の目 日差しの意味で、
日ごろ 頑張っている作り手さんや 地域、モノ、コトにスポットを
当て、応援しようという想いを込めて名づけられたのだとか。

ひのめ市に来た方と、船川に暮らす人々が、ひのめ市で交流し
お互いが 楽しさとともに、船川の魅力に触れていく。

人が行きかうことで、その魅力が、浮びあがり、人々に受け取られて
いくイベントなのだと感じました。

今回のテーマは「OGANIC」
男鹿×オーガニック 男鹿に行く が かけてあるそう。

環境にも人にも優しい持続可能な社会を作り、それを子供たちにも
残したい。
それを感じることができる 作り手さんや売り手さんが ひのめ市には
集まるのです。

音楽ライブでは、ABSラジオ くるくる音タイムで今週流れている
「huenika(ふえにか)」も三角広場でライブを行うそうです。
(伊藤サチコさんは船川出身)

人・モノ・地域がつながり、みんなが楽しめて、元気が出る!
そんなイベントになりそうだな。と実感したラジパルでした!!

FUNAKAWA  ひのめ市 2016
第一会場 三角広場 10:30~17:00
第二会場 大龍寺  12:00~

地図

駐車場も たくさんありますよ!
のぼりも目印に とのことです!