ABS秋田放送

2017年8月24日

ワカサギしょっつる

潟上市昭和にある 落ち着いた佇まいの お醤油醸造元をお訪ねしました!
 フジハル醸造元 菅原春吉 商店です。

こちらでは、「ワカサギしょっつる」を製造しています。
企画 開発したのは、
フジハル醸造元菅原春吉商店4代目 菅原芙美さん

3ショット

昨年から、販売が始まりました。
材料は、すべて八郎湖の獲れたてワカサギ。
近くのつくだ煮屋さんに運ばれてくるワカサギと一緒に
菅原春吉商店に運んでもらうそう。

しょっつる

アップ

菅原芙美さんは、もともと菅原春吉商店の初代が
自家用にワカサギのしょっつるを作っていたことを知り、
自分も作ってみよう!と思ったのだとか。
菅原春吉商店、初代は つくだ煮屋さんだったことから、
新鮮なワカサギが豊富に手に入っていたのだそう。

10月、八郎湖のワカサギ漁が解禁になり
新鮮なワカサギが入ってきたら、塩と共に仕込み樽に仕込んでいきます。
醗酵が進む夏が過ぎ、さらに熟成させること 2年。
濃厚なワカサギを漉すと、琥珀色の「ワカサギしょっつる」が
出来上がるのです。

仕込み樽
                  特別に見せていただいた仕込み樽

ワカサギしょっつるは、穏やかな香り。
樽の近くにいても 魚醤独特のディープな香りは立ちません。
味は、あっさりしていながら、コクと旨みのある奥行きのある味わいです。
素材の味を生かした料理にぴったり。
和食だけでなくイタリアンなどにも活躍できるそう。
芙美さんは「スパゲティにもオススメ」とお話していました。

地元の素材を生かした 潟上市ならでは!!の「ワカサギしょっつる」
その味わいを 確かめてみてくださいね!

フジハル醸造元 菅原春吉商店のほか
道の駅 天王 、道の駅 しょうわ に 置いてあります!

フジハル醸造元 菅原春吉商店
潟上市昭和大久保字北の白州野潟端32
電話:FAX 018-877-2558