ABS秋田放送

2016年10月13日

八峰町~地元の人も一緒に楽しむお試し移住ツアー~

八峰町では、町への移住を進めよう!と今年の3月から
具体的な取り組みを行っています。

大きな動きの1つが「お試し移住ツアー」です。
 
明日、10/14(金)から 2泊3日の日程で 「第3回」となる
「お試し移住ツアー」開催されるということでお話を伺いました。
迎えてくださったのは、八峰町移住促進プロジェクト 担当 若狭 正和さん

八峰町4

八峰町の「お試し移住ツアー」は、毎回「ものづくり」があるのが特徴!
第1回、第2回は、きりたんぽ作り、そば打ちなど、秋田の食の魅力を
取り入れたのはもちろん、木工芸職人に教わる室内木工製品作り や、
移住者へ提供する「空き家のリフォーム」を一緒に行ってきました。

今回のサブタイトルは
「世界自然遺産 白神山地のふもとで 秘密基地をDIY」しよう!

八峰町の自然体験学習施設「ぶなっこらんど」の森の中に
ツリーデッキを作る!作業を、参加者が 一緒に行うそう。

八峰町2

ツリーデッキは、「お試し移住ツアー」のプロジェクトに関わる町の若者たちが
その形を作っていて、ツアー内で行う作業部分だけを 残してあります。
みんなで、仕上げる!! 秘密基地!! というわけです。

今回は、東京や岐阜などから参加の申し込みがあり、定員10名はすぐに
埋まったそう。
参加者の中には、八峰町への移住を決めている人がいるということで、
空き家リフォームは、その方の住まいを みんなで仕上げる作業になるのだとか。

プロジェクトを中心となって進めている若狭さんとお話して感じたのは
迎える八峰町の方々も、自らが楽しんでこの「移住ツアー」に
関わっているということ。

八峰町3

さらに、八峰町の「移住ツアー」の魅力のひとつである「交流会」には
まちづくりや、人々の交流に 意識のある 町の方が参加して
とてもにぎやかなのだとか。
実際に移住した先輩移住者の方々も交えて、
八峰町での ひと と ひと のあたたかい つながりを実感できる
時間になるのだそう。

八峰町の美味しいものを味わいお話が弾む。
まるごとの魅力を 自然に感じられる2泊3日です。

移住した方の家で開催の 交流会も 企画されているとのこと。
「実際に、八峰町に来たときのギャップがないように、ありのままの
自然のまちの魅力を感じてもらえるようにしている」と若狭さん。

八峰町1

中継の横で、仕上げの作業をする町のメンバーも、
ほほえみながら、リポートを見守っていて
秋風とともに、人々の魅力が運ばれてくるのを感じました。

問い合わせも多く、次回のお試し移住ツアーの日程をもう決めた!ということ
(2/10~の2泊3日)

動画などでも「お試し移住ツアー」の様子を発信していますよ。
問い合わせ:0185-76-4603(八峰町 企画財政課)