ABS秋田放送

2016年5月25日

農業の楽しさを発信☆「きらきら農園」☆

大仙市の2人の若い農業女子が立ち上げた「きらきら農園」
高橋はるかさん、小松瑞穂さんが 「農業の魅力を発信しよう!」と始めたプロジェクトです。

きらきら

日々、真剣に農業に取り組んでいるおふたり。
農業を志したのは 専業農家のご実家での農作業を見てきたからだそう。

高橋はるかさん(26才)は、学生の頃から米農家のお父さまを手伝う中で
その米つくりの「こだわり」と「想い」に触れ
受け継ぎたい、もっと多くの人に知ってもらいたいと 感じたのだとか。
農業を始めて6年。
お父さま、そして弟さんと一緒に高橋家の米作り、野菜作りに向き合っています。

小松瑞穂(25才)さんは、代々続く 専業農家 小松家の 10代目。
中学生の頃から「実家の農業を継ぐ」と使命感を感じていたそう。
高校卒業後、岩手の農業専門学校で学び、就農。
今は小松家農業の 中心として家族をひっぱる存在です。

同じ大仙市で、それぞれ農業に取り組んでいた二人は
SNS 「facebook」を通じて知り合いました。

二人は「農業の楽しさを発信したい」という思いを共有。
4月にユニットを組み「きらきら農園」を立ち上げました。
ほぼ毎日「facebook」で、自分たちの農作業の様子、日々の思いなどを
発信しています。

こうして、自分たちが、日々の様子と農作業の「楽しさ」を発信すること で

☆女性が職業の選択の1つとして「農業」と言ってもらえるように
☆こどもたちが将来の夢として「米を作りたい」と言ってもらえるように
 なっていけたら。と考えているそう。

そのために「発信し動いていくことで 関心をもってもらいたい」
そのまなざしは美しいまでに真剣でした。

きらきら農園

農業に携わる女子ならではの悩みを伝えあい、近くにいることで支えられている
というお二人。
モットーは「明るく楽しい農業」

きらきら農園を 立ち上げて間もなく2か月。
この先を一緒に見つめる輝く表情は、まぶしいほど。
これから どんなことが始まるのか。
応援したくなる気持ちと期待が湧いた ラジパルでした☆☆

facebook 「きらきら農園」で検索してください!