ABS秋田放送

2018年5月18日

秋田杉の「色」を生かす!~工房ぬくもり~

秋田市東通にある「工房ぬくもり」
鈴木美保子さんが、秋田の自然を活かした草木染や
糸つむぎ、織物、編み物など「手仕事」を行う場所として開いた工房です。

外観

鈴木さん

工房内

豊かな秋田の「自然」から、その「色」を活かして
糸や絹を染め、作品作りを行っています。

糸

草木染め

中でも「天然秋田杉」を使った草木染めでの作品は
「あきた杉しずく」と名づけられています。

秋田杉たち

鈴木さんは、捨てられてしまう天然秋田杉の「葉」を使って
草木染めを行っています。

秋田杉たち

伐採が行われなくなった天然杉。
鈴木さんは、以前に 集めた天然杉の「葉」や「樹皮」などを
冷凍保存し、染め物の原料にしています。

水

葉を煮出して 色を移した染色液は、
まるで、切り出したばかりの 秋田杉の「幹」の「色」なのだとか!
赤味を 帯びた「色」こそ、天然杉の「樹木」の色。
鈴木さんは、この天然秋田杉の染色液を、秋田杉の灰を媒染材にして
染め上げていくそうです。

秋田杉染め

こちらは、天然秋田杉で染め上げたストール
天然杉の木目を思わせる「色」を見せています!!
鈴木さんは、染めた糸を織って、コースターやテーブルセンターを
作ったり、布を染め上げてタペストリーを制作しています。

天然秋田杉の「色」を活かした作品は、東京で作品展を開いた際に
「この空間にいると、なんだかいやされる」と、訪れた人を魅了したのだそうです。

集合

秋田らしさを活かす天然秋田杉の作品「あきた杉しずく」
日々の暮らしに 秋田杉の「色」を取り入れ
その美しさ、楽しさ、心地よさを感じられる 手仕事の作品です。

ストール

工房ぬくもり
秋田市東通8-1-88
問:018-831-5373

天然秋田杉の作品は、秋田県産品プラザ、秋田贔屓、ごえん
にて取り扱っているそうです!