ABS秋田放送

2018年5月10日

家に居ながら国際交流♪「あきたのファミリー募集中」

かおりです!
秋田アトリオン1階にある「秋田県国際交流協会」におじゃましました!
秋田県在住外国人と県民とをつなぐ仕事や、外国人の方からの相談電話の対応、
通訳や翻訳、国際交流のためのイベントを企画するなど
幅広い国際交流活動に取り組んでいます。

インタ

外観

AIA

今!留学生を受け入れる「あきたのファミリー」を募集しているということです!
国際交流推進員の三浦明大さんに詳しく伺いました! 

「あきたのファミリー」では、
主に「ホームビジット」と呼ばれる「訪問のみ」の交流を行える県民の方を、広く募集しています。
夕飯に招いたり、一緒に外出したり、会えないときは電話やメールで近況報告をしたりと、どんな交流でもOK!
受け入れに、特に準備はいらないということ。
「日本のことを!秋田のことを!知りたい!」と考えている秋田大学や国際教養大学の留学生を
普段の生活の中で受け入れ「家族で交流できる方!」というのが条件です。

英語が出来なくてもOK!
ほとんどの学生は日本語を勉強中。
簡単な日本語や、ジェスチャーを加え、秋田弁で一緒に過ごす時間は、
留学生にとって、とても貴重な機会になるのだそうです。

インタ 4

実際に「あきたのファミリー」をされたことがある
秋田市の佐藤真豊香さんに、中継に来ていただきました。
佐藤さんは、台湾とケニアの留学生を受け入れたことがあるそうです。
ケニアの留学生を受け入れた際、当時5歳の息子さんが
「なんで黒いの?」と投げかけたそうです。
すると留学生は「なんで黄色いの?」と投げかけ、お互いに笑ったのだとか♪
「世界には、いろいろな人が暮らしている」と
息子さんが「感じた」ことを佐藤さんも「感じ」!
「あきたのファミリー」をやって良かったと思ったのだとか。

インタ 3

また、息子さんとケニアの留学生の「日本語レベル」が同等!!で
一緒に 留学生の宿題をしていた姿が印象に残っているそうです。
その後、ケニアに帰った留学生からは結婚式の招待状が届くなど
今も、交流が続いているのだそうです。

あきたのファミリー

秋田犬も注目され、秋田県にも多くの外国の人が足を運んでいます。
2020年には東京オリンピックが開催!
世界各国の人々と、大きな交流が生まれようとしています。
秋田で暮らし、学ぶ、身近なところに居る「留学生との交流」は
私たちにとって、さまざまな国の文化を知り、感じることが出来る
「大きな国際交流」になるかもしれません。
「ホームビジット」で受け入れる「あきたのファミリー!」
秋田にいながら!家にいながら!国際交流の機会です!!

3ショット

問い合わせ:秋田県国際交流協会 018-893-5499
アトリオン1階 開館時間:平日9時~17時45分
第3土曜日 開館
「aia akita」で検索してくださいね!