ABS秋田放送

2018年2月10日

鈴木酒造店「秀よし 酒蔵開放」

大仙市長野 鈴木酒造店「秀よし 酒蔵開放」に おじゃましました!
創業から来年で330年を迎える歴史ある酒蔵「秀よし」
「日頃、秀よしをご愛飲いただいているお客様への恩返しの気持ちを込め
精一杯のおもてなしでお迎えしたい」と毎年この時期に
酒蔵開放を開催しています。

酒蔵開放

2/10(土)、11(日)の2日間、それぞれ100人の枠に
1,200名を超える応募があったそう。
今日は、20名枠を広げ、120人の方が参加していました。

にぎわい

秀よしの酒蔵開放は「宴」と呼ばれる「おもてなし」
参加は無料なのだそう。
手にした枡には、酒蔵開放 特別限定酒「八乙女」が蔵人によって
次々に注がれていました。

限定シュ

「八乙女」は「秀よし」の古文書に記載された伝統製法を受け継ぎ
仕込まれている 一年で酒蔵開放の時のみ用意される限定酒です。

また、お酒に合う手作りの「おつまみ」も用意されていました。

ふるまい料理

鈴木酒造店では、食堂の許可を得ているということで、
造り酒屋の伝統料理と題して「鶏・豚肉の酒粕漬け」「煮物」「ハタハタ寿し」
「がっこ」「ぶっかけ蕎麦」が振舞われていました。
また、酒蔵の若い衆がついた!お餅も!!

あんこ餅

試飲は、4種類!
純米生原酒 寒しぼり、しぼりたて純米酒、松声(ぬる燗)、熱燗も!

酒

参加した方は、枡に、秀よしの 美味しさを 満たし
みなさん、笑顔でした!
外国からのお客様もいらしていて酒蔵と日本酒を、堪能していました。

顔がほころぶのは なおさら!
川反芸者「染龍」さん、「あきた舞妓」の歌と三味線の披露、
舞妓さんのお酌もあり
普段は、静かな酒蔵が にぎやかさにあふれていました!

集合写真

酒蔵開放は、2日間ですが、鈴木酒造「秀よし」では
酒蔵見学を受け付けています。
見学申し込み 問:0187-56-2121
鈴木酒造店「秀よし」 大仙市長野字二日町9 (道の駅なかせん 近く)