ABS秋田放送

2018年2月7日

東成瀬村を地元食材で発信☆「なるせ加工研究会」

東成瀬村の地元食材に手を掛けて、多くの加工品を作り出している
お母さん達を訪ねました!「なるせ加工研究会」の皆さんです。
迎えてくださったのは 代表の谷藤トモ子さん

2ショット

なるせ加工研究会は、東成瀬村の食材で加工品を作ろう!と集まった
村の女性たちが立ち上げ、昨年30周年を迎えました。

メンバー

現在のメンバーは、20代~70代の15人。
そのうち およそ10人が「実働部隊!」となって
ひとつ ひとつ手作りで 加工品を 作っています。
こだわりは、東成瀬村の旬の食材の美味しさを生かすこと。
そして、よけいなものを入れないこと。
添加物などは使わず、安心して口に入れることができる加工品作りを
心がけています。
現在、30種類ほどの加工品を商品として 生み出しているそう。

ケチャップ

こちらの完全無添加手作り「完熟トマト桃太郎手づくりケチャップソース」が
平成18年に、農林水産大臣賞を受賞したのをスタート!に
「加工のあば」たちの 生み出す加工品は、次々賞に輝いています。
(こちらのケチャップは、東成瀬村産のトマトとりんご、玉ねぎ
しょうが、にんにく、唐辛子、塩コショウ、穀物酢、砂糖という原材料!!)

加工場の事務所には賞状とトロフィーがたくさんありました。

賞状

トマトソース 比内地鶏

こちらは「秋田県知事賞」「全国農協中央会会長賞」を受賞した
「あめこうじ仕込み比内地鶏トマトたれ」
(あめこうじの甘さ完熟トマトの酸味、比内地鶏の旨みが折りなす味わい
パスタや稲庭うどんに)

こうして、真心こめて作り出す 手作りの味。
実際に販売していると「これを作ったのが、、あなたたち?」と
聞かれることもあるそう。
東成瀬村産のおいしさを知っている地元のお母さん達だからこそ
出せる味わいです。

かゆもち

かゆもち 2

今、作っているのは「かゆ餅」
おかゆに、米粉を入れ お餅を まるく仕上げて寒さにさらします。
こめ油で揚げて、砂糖と醤油にからめた「かゆ餅」は
サクサク しつつ、食べやすい しっとり感もあり 絶品!!
(ブログを書きながらも よだれが出てしまいます笑)
今年は、少し、多めに作ろうと取り組んだそう。

あずきでっち

特別に用意していただいたのは
昨年の第140回 種苗交換会で「農林水産大臣賞」を受賞した
「あずきでっち」
東成瀬村産の小豆ともち米を使った
ほっとするような、小豆の香りがふんわりと広がるお菓子。
粒のあんばいも、控えめな甘さも!だからこそ引き立つ
小豆の香りも~~ とても 美味しい!! 味わいでした。

こちらは、イベントの時などに販売するそう。
春になれば、「夢・なるせ直売所」にも並ぶそうです。

直売所

今はこの雪!!

東成瀬村の食材を美味しく加工することで、
自然豊かな村と あたたかな人を 感じさせる
「なるせ加工研究会」の加工品たち。
手作りに思いを込めている お母さん達のやさしさと
美味しさが いっぱいでした!!

(取材 ラジパルスかおり)

「なるせ加工研究会」
雄勝郡東成瀬村岩井川字下村91-1
問:0182-47-2220

商品は、やまゆり温泉、道の駅十文字、空港、県産品プラザなどにも
置いています。
添加物などが入っていないため、直売所のみで販売する加工品もあります
お電話やfacebookページから お問い合わせも出来るそうです!