ABS秋田放送

2017年12月27日

秋田の老舗 蒲鉾店「宮城屋蒲鉾店」

秋田市大町、通町橋のたもとにある宮城屋蒲鉾店

外観

創業 昭和2年。宮城屋蒲鉾店のかまぼこは
秋田のお正月の食卓に欠かせない 伝統の味となっています。 

店内

かまばこ

今日も、正月の味として、かまぼこを買い求めるお客様が
次々にお店に来ていました!

ショーケース

県外への発送作業も大忙しで進めているところでしたよ。

宮城屋蒲鉾店の 蒲鉾の味には、創業から続く蒲鉾作りの技が活きています。
40年以上もの間、職人のていねいな手仕事で ひとつひとつ蒲鉾の手付け
作業をしているそう。
蒲鉾の材料とする すり身は 石臼で練っています。

20種類以上ある かまぼこの中で特に人気の蒲鉾を教えていただきました。

寅巻

寅巻

「寅巻」
甘く煮たキクラゲをすり身に混ぜ、ほんのり甘い皮で包み込んでいます
コリコリとした食感の良い甘く煮たきくらげをすり身に混ぜ合わせ、
ほんのり甘い皮で包みこんだ珍味蒲鉾

ともえ

「巴巻」
ゆで卵で 巴 をデザインしたかまぼこ。
ほんのり甘い皮で包みこんだ珍味蒲鉾で、日本で唯一ここだけの味です

燻製さけうらつけこいた

「燻製鮭裏付小板」
今年からは、のせる鮭、蒲鉾に入っている鮭を先に燻製にしてから
蒸しあげています。見た目も鮮やかで、鮭の燻製の香ばしさが立つ
風味豊かなかまぼこです。

職人のていねいな 手仕事で作られる宮城屋蒲鉾店のかまぼこ
お正月を待たずに!食べたくなったラジパルでした!!
(魚のすり身で出来ている かまぼこは、高たんぱく低カロリー!)

171227-15f

*******************************

宮城屋蒲鉾店 大町店 
営業時間 午前10時~午後5時 (31日は 正午まで)
018-862-4616

広面にも店舗があります! (31日は 午後2時30分まで)
蒲鉾販売 午前10時~午後3時
018-837-0200
秋田県秋田市広面字小沼古川端442

*******************************