パイセン!〜大学の歩き方〜

カテゴリ「パイセン」のアーカイブ

2017年10月20日

秋田公立美術大学 4年生 真坂 歩さん

今回のパイセンは、

新屋高校出身で現在、秋田公立美術大学4年生

真坂 歩(まさか あゆむ)さんです!

秋田公立美術大学 4年生 真坂 歩さん

【初秋美!】

秋田公立美術大学は『秋美(あきび)』とも略されて、

地域と密着した取り組みも多い大学ですよね。
 

番組で秋美の学生に話を聞くのは初めて。

一体どんなことを学べるのでしょうか?
 

まずは、いま真坂さんが取り組んでいることを聞きました。
 

「今僕は“アーツ&ルーツ”というのを専攻していて、

 粘土で人形を制作しています。」
 

ただ作品を制作するのではなく、

作る前に自分の興味関心のあるものを

フィールドワーク等を通してリサーチするのがこの専攻の特徴。
 

リサーチすることで、自分の作品の幅が広がったり、

深みが出たりするそうです。
 
 
 

【八橋人形って知ってる?】
 

そんなアーツ&ルーツ専攻で、人形の制作をしている真坂さん。
 

「江戸時代からある“八橋人形”を制作しています。」
 

真坂さんの地元が秋田市の八橋ということもあり、

去年の夏ごろからリサーチを始めたと言います。
 

あなたは八橋人形をご存知ですか?
 

八橋人形とは粘土で型どりをして、

それを焼いたものに顔料で絵付けをした土人形のこと。
 

大きさは手のひらに乗るものから、

30センチを超えるものまで、様々あります。
 
 

始めは“八橋人形”という名前だけしか知らなかった真坂さん。

それをリサーチすることで様々なことが分かってきたと言います。
 

「実は代々、職人でやってこられた方はもういなくって。

 今はボランティアの方々が人形を継承しています。」
 

実家の近くに八橋人形を工房があり、

小さいころから身近に八橋人形の存在を感じていた真坂さん。
 
 

実は八橋人形の歴史や定義は意外と分かっていない部分も多いと知ります。
 

「昭和になると八橋人形を家業にする家が何軒か出てくるんですけど、

それ以前は“この人が作りました”という作者の名前も残っていませんし…。」
 
 

リサーチを重ねるほどに、古くから伝わる八橋人形が

新しいものに見えてくると真坂さんは話します。
 

こうした活動を今、秋美で行っている真坂さんですが、

美術大学の入試は一体どんなものなのでしょうか。
 
 
 

【難しい…】
 

「やっぱり難しかった?」
 

とマティログ編集長が尋ねると、
 

「難しかったですね…」
 

と、ぶっちゃけてくれた真坂さん。
 
 

筆記試験の他に、デッサンなどの実技試験がある美術大学。

その実技が試験では要になって来ます。
 

「なかなか実技のことは高校に通ってるだけだと、

教えて貰える機会が少ないですよね。」
 

と、話す真坂さん。

実はその実技に苦戦し、1年間の浪人生活を余儀なくされました。
 

その一年間は、デッサンなどの実技試験専門の予備校に通っていました。
 

そこではデッサンの他、絵の具の使い方や、大学に入学した後のことも

アドバイスしてくれたと言います。
 
 

この一年で大分成長したと話す真坂さん。

とにかくモノを作ることが楽しく、今の大学生活に本当に満足している様子でした。
 
 
 

【開店】
 

そんな大学生活の中で

真坂さんが現在制作中の人形は

実は『真坂人形』という名前がついているんです!

真坂人形

もうオリジナルブランドを立ち上げたと言っても過言ではありませんね笑
 

その真坂人形は、学校祭やその他イベントなどで

すでに販売したことがあるそうです。
 

そこでのお客さんとの交流も一つの楽しみであると真坂さんは話してくれました。
 
 

そんな真坂さん、卒業後は

『真坂商店』というお店を開きたいという夢を持っています。
 

最初は屋台のお店のように様々な場所をまわって、

いろいろな人と触れ合う中で、人形の魅力を届けたい。
 

そんな思いが真坂さんの中にはあります。
 
 

秋美で学んだことをフル活用して、

その夢、是非叶えて欲しいですね!応援していますよ!

2017年10月13日

秋田大学 3年生 虻川 凌汰さん

10月2回目のパイセンは、
大館国際情報学院出身で現在、秋田大学 3年生
虻川 凌汰(あぶかわ りょうた)さんです!

秋田大学 3年生 虻川 凌汰さん

【先週に引き続き】

先週10月6日(金)の放送では、
国際教養大学の大学祭実行委員である
北嶋 百花さんにお話を伺いましたね。
 

実は今回のパイセン虻川さんも、
大学祭の実行委員会に所属しているんです。
 

秋田大学の大学祭のことを中心に、
虻川さんに取材しました!
 
 
 

【大学祭】

肝心な秋田大学祭の開催日は
10月14日(土)と15日(日)の二日間。

この記事が掲載されている頃には、
残念ながら大学祭は終わっていますが、
今年はどんな内容になっているか詳しく聞きました。
 

「僕は一応ステージの担当をしています!」

と、快活に答えてくれた虻川さん。
 

今年51回目を迎える秋大学祭のテーマは『Adventure』。

そのテーマの下、さまざまな企画が用意されました。

「今年はお笑いライブin秋大祭ということで、
 秋田県出身の鳥居みゆきさんと、藤井ペイジさんに
 メインステージで日曜日、出演してもらいます。」

虻川さんは大学祭の見どころを楽しそうに話します。

それにしても、鳥居みゆきさんが秋田大学に来てくれたんですね~!
鳥居さんのような有名人をお招きするという気合の入りよう。

そんなお笑いライブが行われるメインステージは、
そのほか軽音楽のバンド演奏や、ダンスのパフォーマンス、
よさこいの演舞など充実のラインナップが用意されていました。

また、国際教養大学の学生とのコラボ企画もメインステージで行われ、
お互いの学校生活などを紹介し合いました。
 

更にメインステージ以外でも、
子供たちに人気のスタンプラリーや、
脱出ゲームをモチーフとしたミステリーゲームなど、
たくさんの企画が行われました。
 
 
 

【実行委員会だけじゃなく…】

実は虻川さん、
学校祭当日は実行委員会の仕事だけではなく
他の仕事もあったそうです。
 

それは自身が所属するサークルの出店でのお仕事。
 

虻川さんは秋田のプロバスケットボールチーム
『秋田ノーザンハピネッツ』を応援するサークル『HOSP(ホスプ)』
に所属しているんです。

HOSPとは、H(ハピネッツ)O(応援)S(しようよ)P(プロジェクト)
という意味で、試合会場に多くの学生が来てもらえるように活動しています。
 

そのHOSPはハピネッツの試合会場で
たんぽに豚肉を巻き、醤油、塩、味噌などで味付けをした
『ぶたんぽ』を販売しているのですが、
その『ぶたんぽ』を秋田大学祭で模擬店として出店したんですね~。
 

実行委員会に、サークルの模擬店に大忙しな様子の虻川さん。
忙しいながらも終始、充実した様子で話してくれました。

そういった忙しさも秋田大学に入学しなければ、
経験できなかった訳ですが、
虻川さんの大学入試はどうのようなものだったんでしょうか。
 
 
 

【高校時代の変わった部活】

現在、虻川さんは秋田大学 理工学部 数理・電気電子情報学科の
人間情報工学コースで日々勉強しています。

そこにA.O入試で入学したという虻川さん。

当時、面接では高校時代に頑張ったことを改めて整理してから臨んだそうです。
 

実は虻川さんは高校時代、「経理部」というちょっと珍しい部活に所属していたんです。

その経理部の活動のひとつ、電卓を早打ちする競技で見事全県一位に輝き、
全国大会に進んだというお話を面接官に話したそうです。

そこをかなり面接官に突っ込まれて、
「とりあえず、経理部ってなんだい?」と聞かれたんだとか(笑)

いい自己PRになったことと思います。
 

あなたの学校には「経理部」ってありますか?
 
 
 

【こう楽しんでほしい!】

最後に、

「是非、高校生には秋大生って
どんな感じで活動してるのかなというのを見てほしい!」

と、高校生にメッセージを伝えてくれた虻川さん。

将来は放送関連の企業に就職したいと夢を膨らませています。
 

きっと大学祭実行委員会の活動や、
サークルでの経験が将来活かされることと思いますので、
残りの大学生活、思いっきり楽しんでくださいね!

2017年10月6日

国際教養大学 1年生 北嶋 百花さん

金曜日に引っ越ししてから初回の放送である今回のゲストは、
秋田高校出身で現在、国際教養大学1年生
北嶋 百花(きたじま ももか)さんです!

国際教養大学 1年生 北嶋 百花さん

【10月といえば】

さて、今月10月は大学の学校祭のシーズンですね~!

秋田県内の様々な大学でも、
今月学校祭というところも少なくありません。

大学の学校祭って、一体どんな様子なのか気になりませんか?

ということで、今回のパイセンは
大学祭について詳しく聞いちゃおう!ということで、
国際教養大学の大学祭実行委員会である百花さんにお話を伺いました!

実行委員会の中でも広報部に所属しているという百花さん。
学校祭をたくさんの方々に知ってもらえるように活動中で、
テレビに出演したこともあるそうです。

もちろん今回のラジオ出演もその一環です(笑)

さて、ご存知の方がほとんどだと思いますが、
国際教養大学は英語表記すると、Akita International University。
ですので、国際教養大学は通称AIUと呼ばれています。

そのAIUの学祭は10月8日(日)と9日(月)に行われました。

今年のテーマは「あいう横丁 ~ココニ浪漫アリ~」。

百花さんは
「国際色豊かなAIUだからこそ、
大正ロマン、古き良き日本を体感できるのも
面白いのではないかということでこのテーマになりました。」
と、説明してくれました。

テーマの「あいう」というのはもちろん「AIU」からもじったもの。

毎年様々な企画や出し物で賑わうAIU祭ですが、
今年はお化け屋敷があったり、学校全体が大正ロマンを意識した装飾がされたりと、
いろいろな工夫がなされているとのこと。

そのほか、ラーメンやきりたんぽ、日本以外のおいしいグルメなど
たくさんの出店もあり、かなり気合が入っている様子でした!

また、百花さんは大学祭実行委員会の他にラグビー部にも所属していて、
そちらの団体でホットドッグのお店を出していたそうです。

ラグビーはお父さんの影響で始め、
今は男子のラグビー部に交じって練習をし、
試合当日はマネージャーとしてお手伝いしているそうです。

そんな百花さん、AIUの留学制度を利用して行きたい国があるんだとか。

【ユニオンジャック】

1年間の海外留学が義務付けられているAIU。

百花さんは
「イギリスとかオーストラリアとかニュージーランドに興味があります。
 一番の単純な理由はラグビーが強い国ってところですかね?」
と、楽しそうに話してくれました。

イギリス発祥のラグビー。
日本でも近年注目されていますが、
他国に比べるとまだまだその浸透率は低いと言います。

「イギリスとかオーストラリアとかニュージーランドみたいに
 日常の中にラグビーが溶け込んでいるっていう生活を一度体験してみたいです!」

と、百花さんはアツく語ってくれました。

留学の機会、もっと広く言えば海外に行く機会というのは
そう簡単にあるものではありません。

大学生のうちにそういったチャンスを有効活用するのは、
自分の人生を豊かにすることに繋がってくるかもしれませんね♪

【大学生になり半年】

そんな留学経験もできるAIUに入学して、早くも半年が過ぎた百花さん。
半年前は高校生ということになりますね~。

大学生と高校生で違いを感じることはある?と聞くと

「高校の頃は全然課題が出なかったけど、
今は自ら学びに行く姿勢をサポートしてくれる課題が出ます。」

と、話してくれました。
人と人との距離がすごく近い大学なので気軽に相談しながら、
自分のベストを尽くして取り組むように工夫しているそうです。

大学入学の際は、グローバルセミナー入試で入学したという百花さん。
以前この番組に出てくれたAIUに通う土門さんとは、この入試を通じて
仲間になったそうです。

秋田出身の高校生のみが受験できるグローバルセミナー入試、通称グロセミ入試。

「一緒に頑張ってくれる仲間がいないと、モチベーションを保てないので、難しかったです。」

と、百花さんは受験当時のことを振り返ります。

そこから半年が経ちAIUの学生として初の大学祭を迎える百花さん。

来場する方にどんな風に楽しんでほしいか聞いてみると、

「学生が人種の壁を越えて、一緒に楽しいことをしている姿を見てほしい。」

と答えてくれました。

残念ながらこの記事が掲載される頃には、
AIU祭は終わっていますが、あなたは行きましたか?

訪れた方の中には、
こんなに国際色豊かな学校が秋田にあるんだと
改めて感じた人もいるかもしれません。

今回行けなかった方は、
是非、来年訪れてみてはいかがでしょうか?

また、AIUは大学祭だけでなく、
様々な形で地域と連携した取り組みをしていますので、
今後もその動きに注目していきたいですね!

パイセンへの質問大募集!

〒010-8611 ABSラジオ「パイセン!」
FAX018-824-8564

mail form