パイセン!〜大学の歩き方〜

2018年2月2日

日本大学 3年生 三浦 正基さん

2月最初のパイセンは
秋田西高校出身で現在
日本大学 3年生
三浦 正基(みうら まさき)さんです!

日本大学 3年生 三浦 正基さん

【卒業以来】

日本大学の経済学部に所属し、
人口減少問題や地域創生について学んでいる正基さん。
 

以前この番組にも出演していただいた淡江大学の根田さんが所属していた
AIMPという秋田の自主映像制作団体に、正基さんも高校時代所属していました。

マティログ編集長が『タマリバ』のパーソナリティーを卒業するとき、
素敵な文章を送ってくれたのも正基さんでしたね~!
 

今回は、そんな正基さんが今何を頑張っているのか聞きました!
 
 
 

【長期にわたる取材】

高校時代、AIMPに所属する一方で、
放送部にも所属していた正基さん。

様々な取材活動は、自分にとって大切な経験です。
 

そんな正基さんが、個人的に高校時代から今まで取材を続けている人がいます。

「土崎空襲の語り部の方たちに取材を続けていて…。
 記憶の継承の取り組みというものを継続的に取材しています。」

以前、ABSラジオの昼のワイド番組
『ごくじょうラジオ』にも電話出演した際、お話ししてくれました。
 

「土崎みなとにこの春伝承館がオープンする予定なので、
 それ関連で実際に戦争を体験した人たちの思いだったりとか、
 それをどういう風に反映したかっていうあたり今を取材しています。」
 

正基さんはこうした取材のほか、
団体に所属しての取材活動も行っています。
 
 
 

【社!】

正基さんが所属している団体は『日本大学新聞社』。

便宜的に正基さんは新聞部と呼んでいますが、
大学の一つの機関として存在している団体です。

20人前後が所属する新聞部で、
正基さんは記者として活動するほか、企画やデザインを担当しています。
 

6面から8面の新聞を月に1回制作する新聞部。

学部やサークルそれぞれに担当を割り振って、
部員たちが一生懸命取材をしていきます。

正基さん自身もいろんな人へ取材をしてきました。

相撲の取材

※相撲の取材をしている正基さん

 

「1か月に3~4人取材したとして…3年間やってきてるので
 何百人ってお世話になってきているとは思います。」
 

その中でも、特に印象に残っているのは福島県での取材だそうです。

「東日本大震災からの復興…特に原発問題に関わる、
学生や研究者への取材が印象に残っていますね…。」
 

デリケートな問題にも対応しなければならない取材活動。
正基さんはどのようなことを意識して、取材対象者と接しているのでしょうか。

「基本的には時間をかけてお話をしていくっていうことですね。
 こういう記事を書こうと思っていて、こういうお話を取材していて…という説明をしっかりして、
 信用してもらえるようになってから、お話を聞くようにはしています。」
 

しっかり丁寧に取材をすることで、
相手の信用を得られ、深いところまでの取材ができるんですね。
 

たくさんの人への丁寧な取材。
かなり忙しそうな正基さんですが、
それ以外の時間はどのように過ごしているのでしょうか?
 
 
 

【時間は作るもの】

実は車が大好きな正基さん。

自分の好きなことを仕事にしようと、車関連のアルバイトをしています。
 

それはレンタカー屋さんでのアルバイト。
あまり仕事の内容が想像しずらいですが、どんな仕事なんでしょうか。
 

「外国人のお客さんも多くて、そういった方の案内とかもしますね!」

お店が東京駅に近いということもあり、国際化の波を肌で感じている正基さん。

簡単な道案内はできるように努力しているとのことです!
 

また、乗り捨てのレンタカーを回送する仕事で、
長距離を一人で運転することもあるそうです。

車好きの正基さんにはピッタリのアルバイトですね!
 

また、アイドル劇場に通うのが高校からの趣味でもある正基さん。

前半の話とのギャップがすごいですね(笑)

東京には正基さんが求める場所がたくさんありますから、
そういった意味でも大学に進学してよかったですね(笑)
 

現在、正基さんは秋葉原を満喫中とのことでした!
 
 
 

【目指す記者】

時間を上手に使って、自分のやりたいことを実行に移している正基さん。

将来は記者になりたいと話します。
 

「今大学で学んでる人口減少とか、地域の話とかを自分の得意分野として
 将来は秋田に帰って記者をしたいなと思っています!」
 

マティログ編集長や松永チャーティーも
正基さんが秋田で活躍することを心から願っている様子でした!
 

大学の授業で学んだこと、
そして自分で取材したことを活かして
将来、素敵な記者として活躍してくれるといいですね!

パイセンへの質問大募集!

〒010-8611 ABSラジオ「パイセン!」
FAX018-824-8564

mail form