パイセン!〜大学の歩き方〜

2018年1月5日

日本女子体育大学 1年生 南波 茅実さん

2018年最初のパイセンは
秋田商業高校出身で現在、
日本女子体育大学 1年生
南波 茅実(なんば ちみ)さんです!

日本女子体育大学 1年生 南波 茅実さん

【地元チームを応援】

高校時代はチアリーディング部に所属していた茅実さん。

なんと、
秋田のプロバスケットボールチーム
『秋田ノーザンハピネッツ』のチアにも所属していたんです!
 

ABSラジオ『タマリバ』にも電話出演してお話ししてくれたこともありました。
 

今回はそんな茅実さんの大学生活の様子を聞きました!
 
 
 

【舞踊!】

いま大人気の女優、土屋太鳳さんが在籍していたことでも知られる
日本女子体育大学。
 

茅実さんはその舞踊学専攻に所属しています。
ちなみに、土屋太鳳さんもこの専攻に所属していました。
 

授業は本当に様々なダンスを学ぶことができます。

「一年生はいろんなジャンルのダンスの基礎を固めます。
 座学では体の事や、栄養学、心理学なども学びます!」

実技と座学バランスよく取り入れて、日々舞踊への理解を深めている茅実さん。
 

学校の授業以外にも、舞踊やダンスと真剣に向き合っています。
 
 
 

【プロデュース】

茅実さんは部活でも、舞踊やダンスに携わっています。

『ダンスプロデュース研究部』という部活です。

「朝と放課後に、
バレエやコンテンポラリーダンスなどを自主的に練習したり、
外部からオーディションや公演のお誘いをいただいたりしています。」

通称、“ダンプロ”と呼ばれるこの部活。
自分のダンスの技術を高められるだけでなく、
学外のダンスに関する情報を得やすいという場になっています。

また、それ以外にも学べることはたくさんあるようです!

「踊るためには舞台や照明、音響さんとかがいると思うんですけど、
 そっち側をやる“機材ワークショップ”というものがあるんです。」

パーフォーマンスする人を支えている裏方さんたちの
知識や技術も学べるのが、ダンプロの特徴。

そういった知識は学年が上がるにつれ、学校の授業でもあるそうですが、
ダンプロでは早い段階から、もっと深い知識を身につけることができます。

大学内で公演などがある時は、
ダンプロの人たちが裏方を担当することもあるそうです!
 

「自分が踊るだけじゃなくて、それを作ってる舞台とかも興味があって。」
 

茅実さんは、ダンサーとしても
それを支える周りのスタッフとしても
高いレベルを目指して、全力で大学生活を送っています。
 
 
 

【小学生から…】

茅実さんがダンスを始めたのは、小学生の頃。

当時、特に打ち込んでいるものがなかった茅実さんの姿を見て、
茅実さんのお母さんが、茅実さんに合うものが無いか、探してくれたそうです。
 

そうして見つけたのが、
いまハピネッツのチアを指導している阿部美音子の教室でした。

「もう一回でドハマりして!(笑)もうそれからずっとです。」
 

曲とリズムに合わせて体を動かす体験が、
当時の茅実さんにとってはとっても刺激的だったそうです。
 

そういう意味では、茅実さんのダンス人生は
お母さんのおかげでスタートしたと言えるかもしれませんね!
 
 
 

【乗り越えたからこそ続けられた】

「すーーごい楽しいです!」

大学までダンスを続けられていることに
心のそこから楽しさを感じている茅実さん。
 

自分の好きなことを大学まで続けるためには、
そもそも大学入学という大きな試練を乗り越えなければなりません。
 

受験当時、茅実さんは筆記試験と実技試験があったと話します。

「実技は3分間のソロの創作ダンスなんです。
 試験が始まって30秒だけ曲を聴いて、そこから考えなきゃいけないんです。」
 

実は茅実さんは創作が苦手…。
その対策として、いろいろなところから情報収集したり、
阿部先生にアドバイスをもらったりと、様々な努力をしました。
 

「本当に良かったです…!」

と、合格したことを改めて喜んでいた茅実さんでした。

支えてくれたみんなに感謝ですね♪
 
 
 

【目指すは…】

そんな茅実さん、ずっと目標にしていることがあるそうです!

「私、ディズニーのダンサーになりたいんです!」
 

『タマリバ』に出演してくれた時も少しお話してくれましたが、
その夢を今も変わらず、持ち続けています。
 

かなり狭き門といわれる、ディズニーのダンサー。

授業に部活に、ダンスへの愛を持ち続けている茅実さんなら
きっとその夢を叶えられるでしょう!
 

夢の国で、素敵なパフォーマンスをしている茅実さんを見られるよう、応援しています!

パイセンへの質問大募集!

〒010-8611 ABSラジオ「パイセン!」
FAX018-824-8564

mail form