パイセン!〜大学の歩き方〜

2017年12月8日

仙台青葉学院短期大学 1年生 安藤 理子さん

今回のパイセンは湯沢翔北高校出身で現在

仙台青葉学院短期大学 1年生

安藤 理子(あんどう りこ)さんです!

仙台青葉学院短期大学 1年生 安藤 理子さん

【特派員】
 

写真はイルミネーションをバックにした理子さん。
 

理子さんは、第一回の私立恵比寿中学 秋田分校に

ABSラジオ“タマリバ”の企画“タマリバ特派員”として参加してくれました。
 

今年は“私立恵比寿中学 秋田分校〜学芸会は3杯目が一番美味い〜”が開催され、

大盛況に終わりましたが、そのライブにも理子さんは参加したとのこと。
 

「3杯目堪能しました!最初から秋田犬が登場してびっくりしました!」
 

アイドルを応援する気持ちは今でも色あせていません。
 
 
 

【とぅーす!】
 

そんな理子さんが通う、仙台青葉学院短期大学は7つの学科があり、

そのうちの歯科衛生学科に理子さんは所属しています。
 

「他の大学の子とかは、“一時間目ない”ということがあるんですけど、

 私たちの大学は毎日1時間目からって感じで…。」
 

いわゆる“空きコマ”というものは、

理子さんの通う大学にはほぼ無く、ちょっと他の大学生がうらやましい様子でした。
 

その忙しい授業の内容は、

座学はもちろん、実技での授業も多くあります。
 

実技では3人一組のグループに分かれて、

患者さん役、術者役、保護者役、にそれぞれ役割分担されます。
 
 

「人の歯を触るのってこんなにドキドキなんだって思いました。」
 

理子さんは授業の様子を話してくれました。

血が出たらどうしよう…など、不安要素はたくさん。

毎日がその不安との闘いなんですね。
 

そんな大変な授業ですが、

一緒に乗り越えてくれる友達もたくさんできたと

理子さんは続けます。
 
 
 

【同性の友達が多い】
 

「友達は結構できました!私の学科は女子だけって感じです!」
 

仙台で一人暮らし中の理子さん。

家に友達を招いて、交友を深めることもあります。
 

必然的に女子会になってしまいますが、

その時話題に上がるのは、学校のことや恋愛のこと…。
 

鍋をつつきながら、トークがヒートアップすることも(笑)
 
 

しかし、理子さんは聞き役になることが多いそうです。
 

「今はアイドルしか見てないです(笑)」
 

周りの彼氏がいる友達の話を聞いてると、

欲しいな〜と思うそうですが、

アイドルのライブに行くと、「あっ、しばらくいらないや(笑)」

と思うそうです(笑)
 
 

そうした会話で、友達と盛り上がることで、

次の頑張りにつなげていけたらいいですね!
 
 
 

【あと2年】
 

そんな友達に出会えたのも、

今の短大に進学したから。
 

少し振り返って、受験当時の話も聞きました。
 

「A.O入試を受験しました!」
 

エントリーシートなど、

記入する書類が多いのが特徴の一つであるA.O入試。
 

一文字間違ったらまたやり直し…

ということが何度もあり、そこが大変だったという理子さん。
 

そういった困難を乗り越えて、

今の自分があるわけですよね!
 

「最初の1.2か月は人見知りしてしまって、

 あんまり話せなかったんですけど、もう慣れましたね!」
 

理子さんは楽しそうに話します。
 

一般的に短大というと、2年間通うイメージですが、

仙台青葉学院短期大学は3年間のカリキュラムなんです!
 
 

残りの学生生活も充実したものにしたいと話す理子さん。

今はバイトの経験がとても勉強になると話します。
 
 
 

【おかゆ】
 

「アルバイトとか実際してみて、

働くのって大変なんだな〜って思って。」
 

おかゆ専門店でアルバイトをしている理子さん。
 
 

ここで、マティログ編集長が思わぬ食いつきを見せます(笑)
 

「それ、もしかして、かゆ○○!?」
 

なんと、理子さんのバイト先は

編集長もバイト経験したことのある系列のお店だったんです!
 
 

バイトの経験は必ず今後の人生に活きてくると、

熱く語る編集長でした(笑)
 
 

それはさておき、理子さんの未来図も聞いてみました!
 

「将来は国家資格取って、就職して…

まあ、秋田に戻れたらなって思ってます!」
 

理子さん自身はすぐにでも秋田に戻りたいそうですが、

両親からは3年ぐらいは仙台にいてもいいんじゃない?とアドバイスが。
 

どちらにしても、国家資格の取得という困難が待ち受けていますが、

理子さんなら乗り越えられるでしょう!
 

頑張ってください!

パイセンへの質問大募集!

〒010-8611 ABSラジオ「パイセン!」
FAX018-824-8564

mail form