パイセン!〜大学の歩き方〜

2017年8月20日

秋田県立大学 3年生 西山佳南恵さん

今回のパイセンは、

秋田聖霊高校出身で現在、

秋田県立大学 3年生の 西山佳南恵(にしやま かなえ)さんです!

大潟キャンパス 3年生 西山佳南恵さん

【かりんさんの後輩】
 

3年生から大潟キャンパスに通っている佳南恵さん。

専攻したい分野ごとに分かれるプロジェクト配属というシステムのもと、

実習や実験を中心に日々勉学に取り組んでいます。
 
 

そして佳南恵さんはNLA秋田の活動を高校時代っ頑張っていたんです!
 

以前パイセンに出演してくれたかりんさんも

高校時代NLA秋田に所属していましたよね。
 
 

さて、ここで改めてNLA秋田のおさらいです。
 

NLAはNew Life Adventureの略称で、

中高生が中心となりライブやイベントなどを運営している全国にある団体です。
 

様々な活動を通して、自分自身を更に高められる場所がNLA。

その秋田支部がNLA秋田ということなんです。
 
 

佳南恵さんは大学に入学後もNLA秋田に

『アドバイザー』として参加していたんです。
 

「何かこんな企画をしたい!」

という中高生スタッフのサポートをするのがアドバイザーの役目。
 

中高生の希望をNLA事務局に伝える、

いわば事務局と中高生スタッフの架け橋的存在というわけなんです!
 

また、佳南恵さんは秋田のアドバイザーのほか、

東北地区のアドバイザーも担当しているので、

大きな会合がある時は県外に出て活動することもあるそうです。
 
 

高校時代とは違う、

アドバイザーとしてのやりがいは何ですか?

という松永チャーティーの質問に
 

「イベントが成功した時の高校生の顔がキラキラしてて、

それを通して彼らが変わっていく姿を見られたときに

アドバイザーとしてやりがいを感じますね!」
 

と、佳南恵さんは答えてくれました。

まさに、アドバイザーの鏡ですね〜!
 
 

また、佳南恵さんが所属する大学祭の実行委員会でも、

NLAを通した活動のノウハウが活きているそうです。
 
 

 

【ピンチ!】
 

本当にたくさんの経験ができるNLA秋田。
 

実は今、ピンチに陥っています!
 

それは、人手不足。
 
 

現在のNLA秋田のスタッフは一人だけなんです。
 

しかも、高校3年生の生徒なので、その子が卒業してしまうと、

今まで佳南恵さんや、かりんさんたち先輩がつないできたNLA秋田の流れが

絶たれてしまします。
 
 

「私、もともと人と話したり関わったりするのが苦手だったんですけど、

 先輩に誘われてNLAに入ってみて、自分は人と関わるのが苦手だったのではなく、

 自分の思いを伝える方法が分かってなかったということに気づいたんです。」
 

佳南恵さんは、NLAへの思いを語ってくれました。
 

同級生とも先輩とも先生とも話すのも苦痛じゃなくなったという佳南恵さん。
 
 

「こういった経験を高校生のうちにできるのは、本当にNLAだけだと思います!」

 

と、力強い一言も。
 
 

大学受験当時、面接でもNLA秋田で学んだスキルを活かすことができたと

佳南恵さんは話してくれました。
 
 
 

【大学は可能性を広げられる】
 

「NLAで大人の方と話すことが多かった分、

 いい意味で緊張せずに受験できたので、

いろんなところにつながってくる活動だと思います。」
 

と、大学受験当時を振り返る佳南恵さん。
 
 

実は最初から県立大学を目指していたわけではありません。
 

はじめは、NLAの活動をしていたこともあり、

音楽系の大学を目指していました。
 

ですが、家の事情などさまざまな理由から

その大学を諦めざるを得ませんでした。
 
 

そういった状況のなか、モヤモヤとした気持ちになっていた佳南恵さん。
 

「そんな気持ちを持ちながら、社会で働くのは自分らしくないなって思って、

 もう一度、自分が何が好きで何を将来していきたいのか見つめるために

 時間がたくさん取れる大学へ行こうと思い進学しました。」
 

これが、佳南恵さんが進学を決めた理由です。
 
 

大学に入学してから1年くらいは、そのモヤモヤは晴れませんでした。

その一年間で佳南恵さんは、さまざまなことに取り組んだそうです。
 

はじめて飛び込んだ『農業』という学問。

バイト代を貯めて、興味のなかった映画を鑑賞。
 

など、自分が今までしなかったことにチャレンジした佳南恵さん。

そのなかで、しっかりと自分を見つめなおすことができたと言います。
 
 
 

【今学んでいることを将来に】
 

現在畜産を専攻し、繁殖学や栄養学を学んでいる佳南恵さん。
 

大学2年のころから、心のモヤモヤが晴れ、

今学んでいることが面白く感じ始めたといいます。
 
 

それは、佳南恵さんが自分の可能性を自分で探した結果なのではないかと思います。
 
 

将来は今学んでいることを活かした職に就きたいと考えている佳南恵さん。
 

「今考えているのは、栄養系だったら家畜の肥料会社などで、えさのセールスなどを
したいです。

 繁殖系だと、牛とか豚の薬を作る製薬会社で開発の仕事もしてみたいです。」
 

と、話してくれました!
 
 

きっと、その夢はかなえられると思います。
 

社会に出てからも大学で学んだこと、

そしてNLA秋田での経験を糧に佳南恵さんらしく取り組んでいってほしいですね!
 
 

そして、NLA秋田に参加したい中高生も募集中ですので、

気になった方は是非チェックしてみてください!

パイセンへの質問大募集!

〒010-8611 ABSラジオ「パイセン!」
FAX018-824-8564

mail form