パイセン!〜大学の歩き方〜

2017年8月6日

日本大学藝術学部 3年生 福嶋 夏季さん

今回のパイセンは

秋田高校出身で現在

日本大学藝術学部 3年生

福嶋 夏季(ふくしま なつき)さんです!

日本大学藝術学部 3年生 福嶋 夏季さん

【充実の設備】
 

放送学科に所属しているという夏季さん。

専攻はテレビ制作専攻で、実習をメインに勉強中。
 
 

大学にはその実習で使う様々な設備がそろっています。
 

実際の放送局さながらのスタジオや機材は、

日本大学藝術学部ならでは。
 
 

自ら体験することでその技術を日々磨いています。

日本大学藝術学部 3年生 福嶋 夏季さん

大学の仲間たちは、個性豊かな人ばかり。
 

そして授業をしてくれる先生たちは、

今も現場の第一線にいる人たちなんだそうです。
 
 

8学科あるという日藝では、

自分の学科以外にもさまざまな藝術に触れることができるそうです。
 

他学科の友達も多くいるという夏季さん。
 
 

「学校に行きたくないと思う日は無いくらいです。」
 

と、自分のしたいことを勉強できている様子でした!
 
 

 

【他学科との交流】
 

他学科の人との交流の場の一つに『サークル活動』があります。
 
 

夏季さんは高校の頃、放送部の活動に力を注いでいました。
 
 

大学でもそういった放送系のサークルに所属しているようです。
 

「ラジオを作るサークルです。

 オーディオ無線研究会っていう…笑」

 

かなり珍しい名前だと思いませんか?笑
 

無線と名前にはありますが、

基本的にはラジオ番組を作るサークルとのこと。
 
 

学校祭でラジオ放送をしたり、

月一回、地元のAMラジオで放送したりしているそうです!
 
 

サークルには自分の学科以外の人もいるので、

そこで交流が生まれます。
 
 

ラジオドラマを作ることもあるそうで、

例えば文芸学科の人が台本を担当することもあるそうです。
 
 

皆さん自分の得意なところを活かしながら取り組んでいるんですね!
 
 

「いろんな学科の子と交流できるので、とても刺激になります。」
 

と、夏季さんは話してくれました。
 
 
 

【高校との違いは?】
 

先ほど、夏季さんは高校で放送部に所属していたというお話がありましたが、

実際、大学でのサークルとの違いはあるのか聞いてみると
 

「高校の頃は部活の仲間と作品を作り上げるという感じだった。

 大学では、外部から出演者を呼んだり、先生に見てもらったりするので、

 より実際の業界に近い形で勉強できています。」
 

と、話してくれました。
 
 

ルールや規則は増えましたが、その分一流の機材も使え、

ゲストの方も実際に芸能活動をしている人に出てもらえるようになったのが

大きな違いだと、夏季さんは続けてくれました。
 
 

講演会などにも日藝出身の有名な方が来たことがあり、

夏季さんは今の大学生活に大変満足しているようでした。
 
 
 

【将来はアナウンサー】
 

そんな夏季さんの将来の夢はアナウンサー!
 

きっかけは、アナウンサーが旅先で

おいしいものを食べているテレビ番組を見て、お母さんが
 

「アナウンサーとかリポーターになったら、

いろんなところに行けるし美味しいものも食べられるんじゃない?」
 

と言ったことからだったそうです。
 
 

それから何となく意識していたアナウンサーという仕事。
 

その後、夏季さんは中学生2年生の時に『東日本大震災』を経験します。
 

そのとき、テレビ番組に映っていたのは、

懸命に被災地の現状を伝えようとするアナウンサーの姿でした。
 
 

「伝える仕事って重要な役割を果たしているんだな。」
 

夏季さんはそのとき、本格的にアナウンサーを目指しはじめたんだそうです。
 
 

高校3年生の夏から本格的に日藝を目指しはじめたという夏季さん。
 

日藝の受験科目は国語と英語。

そして2次試験では、面接と作文があったそうです。
 

2次試験で、小論文はよく目にしますが、

作文はなかなか珍しい受験科目だと思います。
 

ちなみにその時の作文のテーマは、『世界地図』。
 

先生がその場で黒板にテーマを書いたそうですので、

当日までテーマはわからなかったんですね。
 
 

面接では、高校の頃取り組んでいた放送部への熱意をアピールして

見事、受験を突破しました!
 
 

夏季さんは地方の暖かい話題を伝えるアナウンサーになりたいと考えています。
 

さらに夏季さんは、ただ話すだけでなく、

大学で学んだ機材の使い方や取材の仕方を活かした

マルチなアナウンサーを目指してこれからがんばっていくと意気込んでいました!
 
 

是非、そのマルチな知識と経験を武器に

この先の困難を乗り越えていってほしいと思います♪

パイセンへの質問大募集!

〒010-8611 ABSラジオ「パイセン!」
FAX018-824-8564

mail form