パイセン!〜大学の歩き方〜

2017年6月11日

北海道大学 4年生 五十嵐 祐子さん

今回のパイセンは
現在、北海道大学 4年生の
五十嵐 祐子(いがらし ゆうこ)さんです!

北海道大学 4年生 五十嵐 祐子さん

【バンドガールが今学んでいること】

秋田北高校出身の祐子さんは
高校時代、LADY BUGSというバンドを組んでいて、
ギターボーカルを担当していました。
 

今は北海道大学の函館校で
国際地域学科に所属し、
英語を中心に勉強中とのこと。
 

それと並行して、音楽も続けているようです♪
 
 
 

【バンドと…】

定期的にライブハウスや学内でライブを続ける傍ら、
近くに北海道大学の吹奏楽部にも所属し、
クラリネットを演奏しているそうです!

ライブ

「ライブなどを通して、
人とつながっていくのが楽しいし
 ストレス発散にもなるので楽しいです!(笑)」

と、祐子さんは明るい声で話してくれました(^^)
 

そして軽音楽以外にも取り組んでいることがあるんです。

それは、ボランティア活動!
 

『ユニバーサル上映映画祭』という名前のその活動は、
障がいの有無に関係なく、誰もが楽しめる映画環境を作るというもの。
 

学校の授業がきっかけで、この活動を知った祐子さんは
もともと映画好きだったのもあり、どんどん夢中になっていきます。
 

主に聴覚障がいの方が
映画の中でどのような音がなっているかわかるように、
ミュージックサインという方法で音を伝えるというボランティア。

スクリーンの脇に常に2人がいて、
ミュージックサインを送ります。
 

上映会で上映する映画を選ぶ段階から携わっています。
 

また、広告を作って協賛をしてくれる団体を探すのも
ボランティアの一部です。
 

この活動を通して、祐子さんは

「障がいのある方に対しての知識が
自分は全然なかったなーと感じたし、
もっと学ぶ必要があると思いました。」

と、真剣な語り口で話してくれました。
 

今は就活中で、
なかなかボランティアに参加できていないとのことですが、
是非この経験を就活に活かしてほしいですね!
 
 
 

【函館生活】

軽音と吹奏楽とボランティア…
これだけでも十分充実しているように思いますが、

なんと祐子さん、プライベートも充実しているとのこと!

「いっぱい友達もできて、すごい充実してます!」

と祐子さんが話すと、
すかさずマティログ編集長が
「彼氏なんかは…いたり…する?」
と切り込みます。

続いて
「一応います(笑)」
と笑いながら答える祐子さん!

幸せオーラが声からもわかりますね~(^^)
 
 

現在、函館に住んでいるということもあり、
素敵なデートスポットもあるようです♪

特にカフェが多いということで、
二人でよく行くそうですよ~!
 

実は松永チャーティーも学生時代、函館にいた経験があり、
函館トークでひと盛り上がりしました。
 
 
 

【イメージすること】

そんな素敵な彼との出会いも、
今の大学に来なければなかったはず。
 

受験当時はどうやって乗り越えたか聞くと、
「大学に入った自分を想像して、やる気につなげていました。」

と話してくれました。
 

バンドガールだった祐子さんは、
大学で軽音を続けている自分を想像してたというわけなんです。
 

今の大学は第一希望の場所ではなかったけれど、
たくさんの素敵な友達との出会い、
ここでしかできない経験や学問を吸収できて、

「今の大学でよかった!」

と生き生きと話してくれました!
 

自分の未来を想像することで、
開ける道もあるんですね~♪
 

現在、大学4年生の祐子さん。
いよいよこれから本格的な就職活動です。

祐子さんが経験してきた様々なことを活かして
自分の魅力を発信していってほしいですね!
 

就活もイメージの力で突破してくれることを祈っています!!

パイセンへの質問大募集!

〒010-8611 ABSラジオ「パイセン!」
FAX018-824-8564

mail form