ABS秋田放送

2017年05月13日

秋田弁の昔っこ

5月14日の「まめだす!ねんりん倶楽部」は、
秋田市天徳寺通り家族葬ホール心の花 東海林大心社長のハッピートーク葬祭よもやま話です。
今回は、ラジオをお聴きのみなさんに『秋田弁の昔っこ』を楽しんでもらおうと、
「あきた民話の会」の腰山照子さんと長谷川ミオ子さんにお越しいただきました。


(写真右:腰山照子さん 写真左:長谷川ミオ子さん)

腰山さんは国語教師として40年教職を務め、大心社長もかつての教え子だったそうです。
退職後も教師の経験を生かして地域で活動していきたいと思い、秋田弁での昔語りを始めました。


そして長谷川さんは、生まれ育った秋田を一時は離れたものの、定住するために秋田に戻り、離れていたからこそ秋田の良さ・魅力をより強く感じるようになったとか。
そんな中「あきた民話の会」を知り、活動を始めたそうです。
お二人には、ふるさとのぬくもりを伝える『秋田弁の昔っこ』を語っていただきますよ!
「まめだす!ねんりん倶楽部」ぜひお聴きくださいね。



明日は母の日
マルワ生花店へ伺うと、形も色もさまざまなカーネーションがズラ~リ!
カーネーションの花って、いろーんな種類があるんですね。

花びらにピンクのハートが浮かんでいるお花がかわいかったわ♪♪

私は娘から、こんな可愛いお花をもらいましたよ~♪♪♪
感激!!!

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved.