ABS秋田放送

2018年03月13日

東日本大震災から7年

3月11日。東日本大震災から7年。

私は、日曜日ということでニュースがお休みでしたので被災地の今を見に、震災で923人の方が亡くなった宮城県名取市にいってきました。
名取市は、仙台市の隣に位置し、仙台空港がある市です。

被害の大部分は、沿岸部に面した閖上(ゆりあげ)地区に集中していたそうです。

土地がきれいに整備され、建設中の住宅もありましたが荒涼とした風景が広がり元の姿に戻っていない場所もたくさんあるんだ、ということを目の当たりにしました。
もう7年、ではなく、まだ7年ですね。

ただ、東北人魂というのはすごいです。
ものすごいエネルギーを感じたのは2013年に全面再開を果たしたゆりあげ港朝市。多くの人で賑わい、活気がありました。

写真を撮り忘れたのですが、私も新鮮な牡蠣やホタテをその場で焼いていただきました。
見ず知らずの私に、地元のお客さんが焼き方を丁寧に教えてくれて、その優しさが美味しさを何倍にもしてくれました。

被災地 としてではなく、今度は観光を楽しむことを目的に、また近いうちにゆりあげの朝市に行こう!と思います。

ゆりあげの朝市

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved.