ABS秋田放送

2018年3月30日

魚とタケノコのふきみそ生春巻き

【ポイント】
・ふきのとうはつぼみのものを選んで
・生春巻きの皮は1枚ずつ濡らして

【材料】4人分

  • マス・ヒラメ=各100g
  • タケノコの水煮=1/2個
  • アオサ=10g
  • オリーブ油=大さじ2
  • 塩=小さじ1/2
  • こしょう・薄力粉=各少々
  • 生春巻きの皮=10枚
  • ふきみそ:
    • ふきのとう=4個
    • ヤマキウこうじみそ=50g
    • 砂糖=大さじ2
    • みりん・酒=各大さじ1
    • ショウガ汁=小さじ1
  • タレ:
    • 米酢・昆布だし=各大さじ1
    • めんつゆ=小さじ1/2

【作り方】

  • ふきみそを作る。ふきのとうのガクの部分を洗い、1分間ゆでる。すぐに冷水にとり、30分ほど浸してアクを取る。このとき、ガク8枚は生春巻き用に別の容器に入れて水に浸しておく。
  • ボウルにヤマキウこうじみそ、砂糖、みりん、酒、ショウガ汁を合わせ、水気を切って刻んだ[1]を加え混ぜる。フライパンに広げて弱火で4~5分加熱して、容器に取り出す。
  • アオサは湯通しして、バットなどに広げて180℃のオーブンで5分ほど乾燥させる。
  • タケノコは縦に5mmの厚さに切り、オリーブ油少々を引いたフライパンで焼き、塩ひとつまみとこしょうを振ってバットなどに取り出す。
  • マスとヒラメはそれぞれ4つに切り、塩、こしょう、薄力粉を振る。[4]のフライパンに残りのオリーブ油を熱し、並べ入れて焼く。
  • 生春巻きの皮1枚はさっと濡らして広げ、1/4枚分を中央に重ねて破れにくくする。フキみそと[1]のガク、[3]、[4]、[5]を載せ、両端を折り込んで巻き、8個の生春巻きを作る。
  • そのままでも、またはタレの調味料を合わせて別に添え、お好みでつけていただいても美味しい。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved