ABS秋田放送

2017年11月17日

「ほんだし®」でつくる「鱈ごはん」

【ポイント】
・鱈は軽く焼いて香ばしく
・水を半量ほど入れてから、炊飯器に調味料を加えて

【材料】4人分

  • 真鱈切り身=3切れ(150g)
  • ショウガ=1片
  • セリの葉先=1/2把分
  • 米=2合
  • 味の素KK「ほんだし®」=小さじ1
  • 酒・みりん=各大さじ1
  • しょうゆ=小さじ2
  • 塩=小さじ2/3
  • 白いりごま=少々

【作り方】

  • 鱈は塩小さじ1/3を振って5分ほど置き、出てきた水分はキッチンペーパーなどで拭く。熱したグリルで表面を軽く焼く。ショウガは千切りにする。
  • 炊飯器に研いだお米を入れて水1カップを加える。味の素KK「ほんだし®」、酒、みりん、しょうゆ、塩小さじ1/3を入れて、白米の目盛りまで水を注ぎ入れ、軽く混ぜる。
  • [2]のお米を平らにならしたら、上に[1]の鱈とショウガを載せて、炊飯する。炊き上がったら10分ほど蒸らし、鱈をほぐしてセリの葉先を混ぜ込み、器に盛る。いりごまを振っていただく。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved