ABS秋田放送

2017年11月10日

「ほんだし®」でつくる「山内芋の子の巾着煮」

【ポイント】
・山内芋の子は、はじめに蒸すと皮むきもラクラク
・油揚げの袋は穴をあけないように気をつけて

【材料】4人分

  • 山内芋の子=200g
  • 鶏もも肉=100g
  • シメジ・しらたき=各50g
  • ニンジン・ゴボウ=各5cm
  • 油揚げ=5枚
  • パスタ=3本
  • 煮汁:
    • 味の素KK「ほんだし®」=小さじ1
    • 酒・みりん・しょうゆ・はちみつ=各大さじ1と1/2

【作り方】

  • 山内芋の子は汚れを落として、蒸し器で10分ほど蒸す。粗熱が取れたら皮をむいて、2~3個に切る。鶏もも肉は一口大に切り、シメジはほぐす。しらたきは水から茹でてザルに取り、食べやすく切っておく。ニンジンは厚さ5mmの輪切りにして花型に抜き、抜いた残りは細かく刻む。ゴボウは小さめのささがきにして水にさらす。
  • 油揚げは熱湯に通して2つに切り、袋状にする。[1]の花ニンジン以外の具のそれぞれ1/10を詰めて、7cm程度に折ったパスタで縫うようにして口を閉じる。
  • 平鍋に水2カップと味の素KK「ほんだし®」、酒、みりん、しょうゆ、はちみつを入れて煮立て、[2]と花ニンジンを並べ入れて中火で煮る。再び煮立ってきたら落し蓋をして弱火で10分程度煮る。そのまま余熱で10分おく。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved