ABS秋田放送

2016年4月15日

[減塩レシピ]鶏ささみとキュウリのあえもの

1人分あたりの塩分は0.7gとなっています。
鶏ささみに替えて「ちくわ」を用いた時の塩分は一人当たり1.5gなので、
ちくわ→鶏ささみに替えることで0.8gの減塩になります。
また、減塩しょう油に替えて、濃口しょう油を用いた場合の塩分は1.0gです。

【減塩ポイント】
・練り製品→鶏ささみの酒蒸しで減塩+うま味アップ
・卵の甘み、ゴマや木の芽の香りを楽しんで

【材料】4人分

  • 鶏ささみ=200g
  • 卵=1/3個
  • キュウリ=1本
  • 木の芽=10枚
  • 炒りゴマ=小さじ1
  • ごま油=小さじ1
  • めんつゆ=大さじ1
  • 酒=大さじ1
  • 塩=小さじ1/4
  • サラダ油・こしょう=各少々
  • 手作りめんつゆ:
    • 減塩しょうゆ=2カップ
    • みりん=大さじ2
    • だし昆布=10cm
    • 干しシイタケ=1個
    • 鰹節=5g

【作り方】

  • 鶏ささみは筋を取って観音開きにし、重ならないように鍋に広げ入れる。塩こしょう、酒を振り入れて水1/2カップを加え、落し蓋をして中火にかける。煮立ってきたら弱火で2分ほど煮てそのまま冷やす。
  • 卵は、薄くサラダ油をひいたフライパンで薄焼きにして、細切りにする。
  • キュウリは千切りに、[1]の鶏ささみは手で食べやすく裂いておく。木の芽の半量は包丁で細かく刻む。
  • ボウルにめんつゆ、水大さじ1、ごま油、刻んだ木の芽を軽く混ぜ、キュウリと鶏ささみを手早くあえる。器によそい、薄焼き卵、炒りゴマと木の芽を載せる。

★手作りめんつゆ
ガラスのビンなどに、細切りにした昆布と、砕いた干ししいたけ、だし用パックに入れた鰹節を入れて、減塩しょうゆとみりんを注ぐ。
冷蔵庫で1か月ほど保存できる。使うときは、倍に薄めて。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved