ABS秋田放送

2015年11月27日

ハタハタの焼き浸し

今回は、後片付けが楽なフライパンで焼き魚を作ります。
ハタハタは鱗もなく、ワタも簡単に取れるので、気軽に旬の美味しさを味わえます。

【ママラクポイント】
・フライパンは十分予熱して
・ハタハタは盛り付けた時上になる方から焼く

【材料】4人分

  • ハタハタ=8尾
  • 菊=80g
  • 玉屋めんつゆ=大さじ3
  • 酒=大さじ1
  • サラダ油=少々

【作り方】

  • ハタハタは両側のエラに割りばしなどを通して回し、ワタを取り除く。軽く洗って水けを切り、バットなどに並べて、めんつゆ大さじ1と酒を振る。
  • 菊は酢少々(分量外)を加えた湯で色よく茹でて水気を絞る。
  • フライパンを熱して、サラダ油を薄く引く。[1]のハタハタを並べ入れ、中火で1分ほど焼き、そっと裏返す。蓋をして弱火で4~5分焼き、さらに裏返して蓋を取って1分ほど焼く。
  • バットにめんつゆ大さじ2と同量の水を入れて、焼きあがったハタハタを浸す。5分ほど置いて汁が少なくなったら、菊のお浸しも加える。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved