ABS秋田放送

2015年6月19日

[減塩レシピ]ミズと枝豆のだし

ご飯のお供に欠かせないお漬物ですが、塩分量はやはり高く、少し注意が必要です。
例えば、夏場によく食卓に上る一般的なキュウリの浅漬け1本(約90g)の塩分は2.25gもあります。
一日の塩分摂取量の目標値は、日本人の食事摂取基準2015年版で成人男性8.0g未満 成人女性7.0g未満ですので、キュウリの漬物1本で一日の約1/3近くの塩分を摂取してしまうのですね。

【減塩ポイント】
・刻み昆布は水を替えながら3分ほど戻す(塩分10.9%→塩分0.8%)
・一般的なおしょう油大さじ1は塩分3gと覚えるとよい。(女子栄養大ベーシックデータより)
(白だし大さじ1は塩分1.5g程度)

【材料】出来上がり量 約400g

  • ミズ=5本
  • 枝豆(茹でたもの)=100g
  • キュウリ=1本
  • 長ナス=1本
  • ミョウガ=1個
  • 大葉=5枚
  • 刻み昆布(乾)=5g
  • 白だし(10%塩分のもの)=大さじ2と1/2

【作り方】

  • 枝豆は鞘と薄皮を除く。刻み昆布は3分ほど水に浸して戻し、水けを切っておく。ミズは皮をむきながら4~5cm長さに折り、軽く茹でて包丁で細かく刻む。
  • キュウリとミョウガはさいの目に、ナスは皮を縞に剥いてさいの目に切り、大葉は千切りにして、水をはったボウルに入れて5分ほど置いて水けをよく切る。
  • 清潔な容器に[1]と[2]を入れて白だしを加えて混ぜる。冷蔵庫で3日ほど保存できる。
  • 小鉢に大さじ2程度(約40g)を取っていただく。塩分は約0.4g

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved