北海道新幹線で夏は北の大地へ


今年3月に開業した北海道新幹線で、今年の夏は北の大地へ!
新青森駅から津軽海峡の下を通って、新函館北斗駅までたったの1時間あまり。
函館駅までもあっという間です。

函館といえば、歴史ロマン溢れる名所や美しい景色の多い観光地。もちろんグルメも!
しかも、夏の平均気温は秋田よりも3℃低く、過ごしやすいので夏休みにはもってこい!

函館初心者でも大丈夫!観光客のほとんどが訪れる有名スポットベスト3を紹介します。

観光客のほとんどが訪れる有名スポット・第3位


第3位は、異国情緒のある街並み、“坂の町”としても知られる「元町」
坂の上から見ると、港がより映えて見わたせます。

函館は日本で初めて開港した港のひとつで、早くから西洋文化を受け入れて来た街。
元町には旧領事館や教会など、西洋風の建物が数多く残っているんです。
その雰囲気を楽しみながら街歩きをするのが人気なんです。

ちなみに、外国との交渉を行う箱館奉行所があり、防衛の拠点だった日本初の西洋式城郭が五稜郭
戊辰戦争最後の舞台としても有名で、幕末の志士・土方歳三ゆかりの地でもあります。

五稜郭が見下ろせる五稜郭タワーへ行ったら是非味わっていただきたいのが、限定のミルクシェイク(300円・税込)
コクがありますが後味爽やかで、一休みにピッタリです!

そして、土方人気にあやかって作られたおみやげも!
ブロンズ像と同じ作家によって作られたブロンズ像のレプリカ(41万400円・税込)です!
これまで何体か売れているそうですよ!

観光客のほとんどが訪れる有名スポット・第2位


続いて第2位は、夜景が有名な「函館山」(標高334m)。
ここの夜景が見たくて函館を訪れるという方も多いんです。

函館の夜景の美しさのヒミツは、海の暗さと街の明るさのコントラストがはっきりしていること。
日没後30分くらいがオススメだそうです。

函館のソウルフード・チャイチキ


そしておすすめスポット第1位…の前に!
函館で知らない人はいないという人気のグルメをご紹介します。
派手な看板が目印のハンバーガーショップ「ラッキーピエロ」
一体どんなハンバーガーが食べられるのか、調査開始!

男子中学生「週3くらいで通ってます。」
多可「週3で来るの!?」

男性客「関東にはないんじゃないですか?ここにしかないんで、オリジナル性が高いですよね。」

女性客「中に○○○が入ってるんですけど、○○○がすごい大きい。」
○○○とは一体…?

「ラッキーピエロ」で1年間に30万個も売れるというのが、から揚げの入ったハンバーガー!
店長さんもレシピを知らないという超企業秘密のタレで味付けされたから揚げが3個も入っているんです!

多可「ダントツ!一番人気!函館のソウルフード、チャイニーズチキンバーガー(378円・税込)!!」
創業者が中華料理店を経営していたことから生まれたという、オリジナルハンバーガーです。
試食をしようとかぶりつくものの…から揚げが大きい!
多可「これ!すごい!!甘めの中華だれとマヨネーズの相性抜群ですね!甘いと言っても酸味のある中華風の甘さだから、ひとくち食べて“また食べたい”となって止まらない。」

そして、ぜひセットで頼んでほしいのが、フライドポテトにデミグラスソース・ホワイトソース・粉チーズがトッピングされた「ラキポテ」
多可「デミグラスとチーズの組み合わせが最強でしょ?合わないわけがないですよね!」

ご当地バーガーで人気の「ラッキーピエロ」は、函館山の麓や五稜郭の近くにもあるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

観光客のほとんどが訪れる有名スポット・第1位


お待たせしました!ベストスポット第1位。おみやげを買うなら、ココ!
外国文化を受け入れてきた港周辺・ウォーターフロントです。

その象徴といえるのが、港に立ち並ぶ「金森赤レンガ倉庫」
明治末期に建てられ、現在はジャンルを問わずお店が集まるショッピングモールになっています。
函館限定だったり、赤レンガ倉庫オリジナルだったり、おみやげ選びにピッタリのお店がいっぱいです!

私が見つけたお店は、ハンカチやバッグなどの布製品を取り扱っていて、“あの”函館名物と深い関係があるんです。
港町・函館で一番漁獲量が多いのが、函館市の魚にもなっている「イカ」。
そのイカのある部分が使われているんです。それは…

多可「このバッグ、素敵でしょ?この模様の部分、実は“イカスミ”で染められているんですって!
イカスミの色って黒を連想すると思うんですけど、染物になると『セピア色』に。
どことなく懐かしい、やさしい、温かい色合いになるんですね。」

ちなみにセピア【sepia】は英語で、イカスミから作る絵の具のことだそう。
「烏賊墨染 シングラーズ」のバッグのほとんどは、手作りの1点ものだそうですよ。

街の雰囲気が良くて、美味しいものはたくさん、そして夏場過ごしやすい函館。
夏休みのご旅行におすすめですよ!

イマジン ホテル&リゾート函館


宿泊は、函館市街地から車で約15分のところにある温泉街・湯の川温泉。
函館に宿泊する人の3分の2は、湯の川に泊まるという人気のエリアにある「イマジン ホテル&リゾート函館」
家族連れにおすすめのお宿です。

海に面したオーシャン・和室。和室は疲れた体を休めるのにピッタリ。
5人まで宿泊できるので、家族旅行にもおすすめなんですよ。

こちらのホテルの自慢は、最上階にある展望露天風呂!
津軽海峡がパァーッと一望できる無色透明・さらりとした泉質の「ウスケシの湯」
今の時期から秋口までは、漁火も見えるそうです。

函館までは北海道新幹線に乗って行きましょう!
秋田からは、秋田新幹線こまちで盛岡を経由して北海道新幹線に乗り換えるルートと、奥羽本線で新青森まで出てから北海道新幹線に乗り換えるルートがあります。

ご旅行代金です。
イマジン ホテル&リゾート函館 オーシャン・海側の和室に宿泊で、秋田駅発着・往復特急つがる号と北海道新幹線はやぶさ号ご利用の場合、大人お一人24,500円から!
盛岡経由の場合は料金が異なりますので、詳しくは専用のパンフレットをご覧ください。

情報は2016年7月1日現在のものです。予めご了承ください。