北陸新幹線で加賀百万石の城下町・金沢へ


加賀百万石の城下町・金沢
観光客の数が、今年9月までで既に去年1年間の数を超えていて、今、全国で注目されている街です。
金沢は、女性必見の様々な美を堪能できる街。
今回は「美」をテーマに “あの乗り物”に乗って行ってきました!

今年3月に開業し、金沢人気のきっかけになった北陸新幹線
終点のJR金沢駅は、世界で最も美しい駅の一つに選ばれています。
ガラス張りのドームが出迎えてくれますよ。

金沢市は46万人以上が暮らす北陸最大の都市です。
もともとは、前田利家が築いた加賀藩の城下町
伝統工芸や古い街並みが今も継承されている、歴史情緒あふれる街ですが、新しい文化も生み出すのが金沢!
金沢21世紀美術館は現代アートが気軽に楽しめます。

全国各地から食材が集まる近江町市場


そんな金沢で最初に向かったのは、全国各地から食材が集まる近江町市場
290年前の江戸時代から続く市場で、180店舗以上が集まっています。
食べ歩きが出来るお店もあり、観光客にも大人気ですが、回転寿しの激戦区とも言われています。

もりもり寿し 近江町店では、一度に3つ食べられる3点盛りが人気
珍しい大きなウニの握りが食べられるんです。

また、テニスの錦織選手が好きだと言ったことで一気に知名度が上がったのが、ノドグロ
冬は特に脂がのっているそうです。
美にふさわしい輝きを持つ、ノドグロ。
もちろんワタクシも、いただきました♪
店舗情報

もりもり寿し 近江町店
[住所]金沢市青草町88
[営業時間]7:00~17:00
[定休日]無休
[問]076-262-7477

加賀100万石が生んだ豪華絢爛な文化


続いては、加賀100万石が生んだ文化について。
街の真ん中に広がる緑地は金沢のシンボル・日本三名園のひとつ、兼六園です。
「6つの優れた景色を兼ね備えた庭園」という意味を持っています。
江戸時代の1676年から170年かけて造った庭園内には、現存する日本最古のものとされる噴水がありました。
当時の技術の粋が集められています。

そして金沢の豪華絢爛な文化を代表するものといえば、やっぱりコレ!
金箔です。
金沢は、日本の金箔生産量の99%を占める一大産地です。

400年以上昔から受け継がれてきた技術
1トンもの圧力で、金を1万分の1ミリにまで薄く延ばしていく作業は、まさに職人技です。
豪華さを彩ってきた金箔は、金箔専門店の看板など、金沢のいたるところで大胆に使われています。

金箔丸々1枚を使った、なんとも豪華絢爛なソフトクリーム。
その名も「金箔のかがやきソフトクリーム」891円(税込)!
北陸新幹線開業に合わせて登場しました。
そして、“金”には保湿効果があると言われていて、化粧品にも贅沢に使われています。
お姫様気分で、美しくなりましょ~。
店舗情報

箔一
[販売店舗]
箔一本店、香林坊アトリオ店、
東山店、兼六園店

古き良き「美」-ひがし茶屋街-


金沢市の中心部から少し外れたところにあるのは、昔の面影を残す街「茶屋街」。
「ひがし茶屋街」は100mのメインストリートに古い建物が続きます。
江戸時代から“花街”として栄え、今は国の保存地区に指定されている貴重な街を、ボランティアガイドの北村公子さんに案内していただきました。

歴史ある茶屋街の昔ながらの建物。町家の特徴のひとつが、細い格子窓
これには花街ならではの仕掛けが施されています。

格子の断面が台形になっていて、光の効果で外から中は見えにくくなっていて、客のプライバシー保護や防犯のための工夫がされているんです。
細やかな心配り。先人の知恵ですね。

さて、ひがし茶屋街周辺では町家を改装したお店やカフェが人気です。
伺った和菓子屋さんは2階がカフェになっています。
多可「本当に街を歩いているだけで女子力が上がる感じがするんですよね。女性のお一人様も多いそうです。」

きんつばの名店が作った人気メニューは、4種類の豆のそれぞれの食感が味わえる、洋菓子のタルト!
風情あふれる茶屋街でどうぞ。
店舗情報

きんつば中田屋
[住所]金沢市東山1丁目5番9号
[営業時間]9:00~17:00
タルト324円(税込)

新しい「美」-金沢21世紀美術館-


続いて訪ねたのは、今人気の「金沢21世紀美術館」です。
大型連休の時には2万人もの人が訪れたそうです!
無料で楽しめる作品も多く、金沢市民の憩いの場になっています。

例えば「カラー・アクティヴィティ・ハウス(オラファー・エリアソン 2010年)」
3つの色が混ざり合うのが、とてもきれいなんです。

建物の反対側に回ってみると、地面から突き出しているのは、ラッパのようなアート作品「アリーナのためのクランフェルト・ナンバー3(フローリアン・クラール 2004年)」
これには鑑賞するだけではない楽しみ方があるんです。
敷地内にあるラッパは12本。
その内のどれかと糸電話のようにつながっていて声が届くんですよ。

一番気に入った作品が「ブルー・プラネット・スカイ(ジェームズ・タレル 2004年)」
残念ながら撮影はNGでしたが、本当に素晴らしかった!
ぜひ実際に行って、確かめてみてくださいね!
会館情報

金沢21世紀美術館
[住所]金沢市広坂1丁目2番1号
[開館時間]
展覧会ゾーン:10:00~18:00
(金・土曜は20:00まで)
交流ゾーン:9:00~22:00
*各施設の開室時間はそれぞれ異なる。

ホテル日航金沢


宿泊は、おもてなしの心と高級感あふれる「ホテル日航金沢」
JR金沢駅前の目の前にそびえたつ北陸で最も高いビルです。

20階以上にあるコンフォートツインは、今年の3月にリニューアルしたばかり。
旅の疲れをゆったりと癒してください。

改めて今回宿泊したホテルの情報です。
「北陸 金沢」パックなら、ツインのお部屋が、秋田駅発金沢駅までの往復JR券がセットで、おとな1名様52,100円~65,700円で利用できます。
ご宿泊の21日前までに予約すると、旅行料金が500円割引!
くわしくは専用パンフレットをご確認ください。

情報は2015年10月23日現在のものです。予めご了承ください。