ABS秋田放送

2010年1月20日

玉の輿

最近文章が長いので、簡単なものから掲載します。

【ごく裏じょうほう】

酒井のお母さんの名言 うちメス育てるの失敗すんねん
酒井の名言      軽井沢ってどこ
酒井の名言      かりやざき
酒井の名言      伝説のアレいきますか
アレってなあに?    まややんもんろーの「Happy Birthday」
酒井の玉の輿について 世の中ゼニやで〜
酒井の玉の輿について でも疲れるからいやだ〜
酒井の玉の輿について だってジャージでいたいし
酒井の玉の輿について カップラーメン何味がいい?って言いたい時もある

【本日のごくじょう写真】

放送終了後の反省会 
左から利部ディレクター、ラジPALS あやの、あい、酒井アナウンサー

「お手」
「へっへっへっへっへ」

「あはっ 黒豆だぁ」
秋田市川尻の有限会社川光からのプレゼントです。川光ってちょっと楽しい会社でした。ネットで検索してね。

田村と番組進行を記した「キューシート」
     

スタジオ内の田村目線
よく見ると...

利部ディレクターとユキヒョウが同じ目力で訴えかけてきます。大森山動物園のカレンダーです。


きょうのテーマ「ああ憧れの玉の輿、そうでもないぞ玉の輿」

女性が裕福な男性と結婚することを「玉の輿に乗る」という言い方をします。男性がお金持ちの女性と結婚する場合、最近では「逆玉(ぎゃくたま)」と言います。

きょう寄せられたメールFAX電話は、非常に現実的な回答が多かったのが特徴でした。

田村は「玉の輿」というとどうしても大学時代の体験を思い出します。みなさん「出張ホスト詐欺」なんていう詐欺をご存知でしょうか?チョコチョコ「警察24時」のような番組の中で取り上げられていた詐欺のひとつです。簡単に言うと「女性と付き合うことでお金がもらえます。男性を募集しています。ただし最初の登録料で数十万円お金が必要です」といわれます。で、何十万か払って登録すると別の展開が待ち構えています。

1回目の出張ホストの仕事は普通の女性が来るのですが、2回目からは何かにつけて難クセをつけてくる女性がやってきます。「○○が気に入らない」「その言葉遣いは何!!」「態度がおかしい」などとただのクレーマーのように騒ぎ立てます。最後は「何よこのホスト、冗談じゃないわ」と捨て台詞と残して帰っていきます。

しばらくすると、登録料を支払った事務所から「オイ、お前、お得意様になんてことしてくれたんだ!どう落とし前付けるんだ」ということを脅迫されて、さらにお金を支払うという仕組みです。当然、2回目の女性はグルで何をしても怒るような段取りになっています。ついつい甘い夢を見て登録した男性は、毟り取られるだけ毟り取られてしまうのです。これが「出張ホスト詐欺」と呼ばれる詐欺の手口です。

大学生の頃、何かとお金が必要だったので、ちょっとそんな夢を見てしまいました。当然、三才ブックスの「裏モノの本」で詐欺の手口も知っていたのですが「本物もあるかもしれない」と夢を見て、四ツ谷駅のすぐ近くの街灯の柱に貼ってあった胡散臭い連絡先に電話してみました。

男性「もしもし」
田村「あの〜募集をみて電話をかけてます」
  ・
  ・
  ・(中略)
  ・
  ・
男性「じゃあ新宿南口に来たらもう一度電話して下さい」

おおっ よりによって新宿の南口ですか??危険な香りのする事務所がたくさんあるスポットじゃないですか!!田村のアラートランプが頭の中で猛烈に回転し始めました。しかも赤色灯です。そうだ!財布を一切置いていこう、それに身元が分かるものは一切持っていかず、300円ほどをポケットに入れて、新宿南口の雑居ビル7階に乗り込んでいきました。

南口についたら公衆電話から電話を再度かけて事務所の場所を聞き、エレベーターを使わず外階段から上っていきました。外階段を逃げるときは飛び降りられるかな?なんていうシミュレーションをしながらついにドアの前に到達。監視カメラがないことを確認して、チャイムを押しました。いよいよ事務所へ突入です。まあ当時ボクシング部だったこともあり、今となっては根拠のない自信があったんでしょう。すると、意外にも比較的若い、20代の男性スタッフ2人、女性1人が待機してシステムを説明してきました。事務所の壁には登録男性とマダムの仲良し2ショット写真がたくさん貼られていて「うちはうまく運営しています」という空気をアピールしてました。適当に挨拶と世間話が済んで話が核心に入ると

事務所「それで今日いくらお持ちですか?登録にはお金が必要です」
田村「ほとんど持ってないです」
男性「まず10000円でもいいんですが...」
田村「300円しかないんですよ」

「これで登録すれば逆玉も狙えるかも」という邪な思想が脳をかすめたものの、「これはやっぱり詐欺だ」というアラートが田村の中で警戒音を鳴らしていました。

田村「じゃあ改めて今度持ってきます」
男性「お待ちしています」

という形で出張ホスト事務所への特攻は終わったのです。相手も「こいつ本当に金がなくて応募してきたのかも」なんて考えたもしれません。中にはこういう仕事で「逆玉の輿」を掴む男性がいるかもしれませんが、僕には無理でした。90年代の後半からチョコチョコテレビで出張ホスト詐欺を見るようになりました。きっと逆玉、いや、一攫千金を夢見る男が被害に遭ってるんだろうな・・・と若干切ない気持ちになります。くれぐれもよい子はマネしないでね。何の保障もありません。

少々、今日のテーマ「玉の輿」から外れてしまいました。狙ってもいいと思いますよ「玉の輿」。人生戦略ですので、ターゲットが決まったらロックオン。後は「輿」に乗りましょう。バラ色か徐々に暗雲垂れ込めるかは、神のみぞ知る結末です。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved