ABS秋田放送

2010年2月24日

ヒーローヒロインの必殺技

【今日のテーマ】焼きついて離れないヒーローヒロインの必殺技

放送ではコンバトラーVの超電磁スピンと言いましたが、意外と必殺技に執着していなかったことが今わかりました。あまり思い出せないんです。アニメで思い出せるのはライディーンの「ゴッドゴーガン」ぐらいで・・・

マンガではありますよ〜 必殺技の宝庫で全巻揃ってハマっていたのは「魁!!クロマ・・・」ではなく「魁!!男塾」です。

Jの「フラッシュピストンマッハパンチ」、伊達臣人の「覇極流千峰塵」、卍丸「幻瞑分身剥」などなど まさに「必殺技」と呼べるものがあふれていました。民明書房のおかげで本当にあると信じていたのは、僕だけではないはずです。ちなみに月光の「チャク家」の「チャク」の字は文字がありませんでした。多少必殺技には惹かれたものの、これもいまひとつです。

じゃあプロレスだ!

ザ・ファンクスの「スピニング・トゥホールド」
長州力の「スコーピオン・デスロック」
スタン・ハンセンの「ウエスタンラリアート」
ジャイアント馬場の「十六文キック」「河津落とし」「ココナッツクラッシュ」
アントニオ猪木の「コブラツイスト」「卍固め」「リバースインディアンデスロック」
大木金太郎の「ヘッドバット」「X固め」←マニアックでしょ
ブルーノ・サンマルチノの「ベアハッグ」
フリッツ・フォン・エリックの「アイアンクロー」
ビル・ロビンソンの「ダブルアームスープレックス」

いくらでも出てくる!田村の憧れた必殺技は現実の世界の、なかでもプロレスのマットだったんだ!といまさらながら思いました。アニメのタイガーマスクも「ウルトラタイガードロップ」や「ウルトラタイガーブリーカー」を開発して、自分の必殺技にしていったのです。そのときかすかな記憶では「馬場さんには十六文、○○さんには▼▼がある、俺には必殺技がない・・・ 」という悩みを抱えていたような気がします。それだけ必殺技はレスラーにとっては必要なんです。

アトランタ五輪レスリング日本代表 横山秀和先生(現 秋田商業レスリング部監督)は、アマレスの「アンクルホールド」が必殺いや、得意技です。アマレスもプロレスも技が命の競技。戦う競技には必要です。ブラウン管のなかの(ちょっと古いか)、ヒーローの必殺技はいつまでも少年の心の中に焼きついています。

ちなみにブラウン管やアニメのヒーローではありませんが、大学のボクシング部の大木先輩の強烈なボディブローは今思い出しても食らいたくありません・・・

【本日のごくじょう写真】

O.A.直前まで真央ちゃんの演技を見守るABSの面々

映画スクリーンのような酒井さんの普段着

食後のいっぷく 青山鈞さんからタイのお土産を頂きました。トムヤンクンです。ありがとうございます。

【ごく裏じょうほう】

田村がこのブログを書くにあたって思い出した必殺技、それぞれなーんだ?

1デルタエンド
2波動拳
3↑ → で 飛び横蹴り(ヒント データイースト)
4ハートブレイクショット
5パイルボール
6サンダーボルト
7水月拳
8二枚返し (この辺はコロコロ)
9ゴールデンアームボンバー

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved