ABS秋田放送

2010年1月6日

きょうのテーマ「私的 色から受け取るメッセージ」

色の効果というのは様々あるようで、僕の知る限りではこち亀で赤とか緑とか部屋を単一色にしてしまったおかしな住人の話を思い出しました。

ついでにもうひとつ、ソースは全く分かりませんが、高校生の頃、うちの高校でこんな心理ゲームが流行ってました。世の中も「それいけココロジー」なんていう番組が人気だった頃なので、その中のひとつだったのかもしれません。

【以下の色であなたが思い浮かべる異性は誰?】
・赤→
・緑→
・黄→
・白→
・黒→
・紫→
・茶→
・青→

以下の色で思い浮かぶ異性を挙げて下さい。出来れば数人がいる中で、相手も知ってる範囲の異性を挙げるとベストですね。
例えばクラスの中で、とか、同じ学年の中でとか、うちの会社でとか、同じ部活の仲間で選ぶとしたら誰になるかな?と考えて名前を挙げてください。

テレビの芸能人や俳優タレントというより、身近な方を挙げてもらったほうがリアリティがあって盛り上がります。もちろん該当者なしでも構いません。

いいですか、まず7人を先に挙げて下さい。
それからこのブログを読んで下さい。まだスクロールさせてはダメですよ。面白くないですから。

高校生のころやってみたら笑ってしまうほどよく当たっててビックリしました。しかも僕の同期の柳本さんに同様の心理テストをやってもらったら、茶色がビンゴ過ぎて大爆笑した記憶があります。毎日放送へ日本海で、よくまあ自分でも20年も前のことを覚えているなと感心します。それだけ印象が強いのでしょう。そして色から受け取る印象というのは個人差があるにせよ、ある程度同じなんだなあ と高校生ながらに感じました。

ちょっと血液型や星座占いとは違って、かなりのめり込みました。

・赤→愛人にしたい人
・緑→友達になりたい人
・黄→からかいたい面白い人
・白→結婚したい人
・黒→支配されたい人
・紫→性的関係を結びたい人
・茶→どうでもいい人
・青→すいません 忘れました...

20年前ですからネットも普及してない中でどうやってこんなテストを見つけてきたんでしょう?? 
ネットで今検索してもこの系統のテストがあまりヒットしませんでした。あくまで遊びとして受け止めて下さいね。学術的にはナンにも証明されていないでしょうから。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved