ABS秋田放送

2017年4月15日

大仙花火カメラ

2017年4月15日の放送では、大仙市観光交流課の中川智晴さんにスタジオで「大仙花火カメラ」というスマートフォンアプリについてお話を伺いました。
このアプリは「花火をより楽しむ」ために作られたもので、様々な機能がついています!
たとえば、「せっかく花火の写真を撮ろうと思ったのに手ブレがひどい・・・」「シャッターのタイミングが合わない!」という悩みを解決するために、撮影ボタンを押すと、その後最適なタイミングで自動撮影してくれます!
また、花火大会がない日でも花火の写真を撮ることができる(!?)んです!
どういうことかというと、AR(Augmented Reality=拡張現実)の機能を使って、現実の風景に花火の映像を重ねて撮影することが出来るんです。
その機能を使って、パーソナリティの工藤牧子さんと中川さんとで花火の写真を撮ってみました!

花火(1)

花火(2)

生放送の間にばたばたと撮ったので、少し顔に被ったりしてますが・・・笑
「大仙花火カメラ」という名前ですが、もちろんどんな花火大会でも使えますので、今年の夏は、このアプリをダウンロードして花火の写真を撮ってみてくださいね!

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved