ABS秋田放送

2012年7月28日

第26回 丁寧に伝えること(2)

ていねいに伝えると言って思い浮かぶのが
だれが(WHO)、何を(WHAT)、どこで(WHERE)、なぜ(WHY)、どう(HOW)の5W1Hです。

一番大切なのは、どう、どのようにのHOWの部分ではないでしょうか。
ラジオで伝える場合にも、その部分がとても重要です。
おまんじゅうがそこにあったとしたら、何かに例えて伝えた方が分かりやすいでしょう。
感情も同じように例えて表現してみましょう。
普段の生活でも意識していると、話し方や伝え方が上手な人になれますよ。
その練習のひとつとして、一行日記をつけてみましょう。
5W1Hに気をつけながら書いてみると、表現方法が磨かれます。

東京特許許可局 局長 日本銀行 国庫局

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved