ABS秋田放送

2018年3月3日

オリンピック終わりました

いつもゴゴマキをお聴きいただきありがとうございます。

「2月は逃げる」なんて言って、あっという間に過ぎていきますが、今年はほんとに名残惜しくて「え~もう行っちゃうの?淋しいなあ」って気分でした。
そのくらい平昌オリンピックを楽しませてもらいました。いろんなことを感じさせてもらいました。
みなさんは、どうでしたか?
私が感じたこと、いくつかあげてみたいと思います。

普段、あまり直に観ることができないウインタースポーツを、オリンピック期間中は楽しむことができましたね。

フリースタイルのスキーやスノーボード。観ていると、とても爽快感があって、私は好きでした。
スノーボードハーフパイプの平野歩夢選手。素晴らしい銀メダルでしたね!
メダル予想では、彼が金メダルをとるんじゃないか、とも言われていましたが、自分の持てる技を全部出した上で、彼の点数をショーン・ホワイト選手が上回ったそのとき、平野選手の顔には、納得の笑顔があったように思います。
自分にとってのアイドルだった、ショーンとメダルを争える自分の成長も感じたのでしょうね。
「今までで一番楽しい試合だった」という彼の言葉が爽やかでした。
ショーン選手は、長きに渡って王座に君臨し続けているスターです。
平野選手のように、彼に憧れて彼を目指して若きボーダーたちは技を磨いてきました。その勢いを背中に感じながらなお、てっぺんに居続けるショーン選手。
あのハーフパイプ最後の演技で、平野選手が渾身の思いで決めたダブルコーク1440の連続技を自分も決めて見せました。しかも、それまで決めたことがなかったのに。
その姿は、「さあ!もっとすごいとこまで行こう!歩夢!オレたちもっと行ける!」そう語りかけているように思えました。
切磋琢磨し合って互いを高めあう。とても素敵な二人の関係が見えた、素晴らしい瞬間だったと思います。

冬季五輪の花。フィギュアスケート。
60数年ぶりの連覇なるか、と注目された羽生結弦選手は、その偉業を成し遂げました。
羽生選手の涙に、また涙した人たちも多かったのでは。無事にフリーの演技を終えた彼を見て、やり遂げたというその表情を見て、どんな思いで、どんな厳しい練習に耐えてここまできたのかと思いました。
怪我をした直後はどんな気持ちだったでしょう。練習もできない日々が何日も続いて、不安になったりもしたでしょう。でも、彼はグズグズそこに立ち止まっていないで、今の自分ができることに専念したのだと思います。体を動かせないときは、自分のDVDを見てイメージを膨らませて、氷の上に乗ってからは、一つずつ確認するように。大事なトリプルアクセルを跳んで着氷したときは、大親友にようやく会えたような、嬉しさだったのではないでしょうか。

本番。氷上で彼は、「ここが僕の居場所だ」と体全体で表現し、「ただいま」と挨拶しました。氷の申し子でした。
金メダルを胸に、羽生選手はもう次の目標が見えているようでした。そのためにまずは右足をちゃんと治す、というのが当面の目標のようです。

会見の中で印象に残る言葉がありました。
『芸術は絶対的技術力に基づくものだと僕は思っている。』
彼の演技の美しさは、何度も何度も練習して、指一本の先まで自分が納得いくまで徹底的に自分にダメ出しをしながら築き上げているものなんだと、改めて感じた言葉でした。
痛いところなくして、きっと次の高みに向かっていく姿を、私たちにまた見せてほしいと思います。

カーリング女子チームが銅メダル!
これは、カーリング好きの私としては本当にうれしかった!感激しましたよ~♪
予選から始まって、よくコツコツとがんばってきたな~と思いました。そして彼女たちがコツコツと頑張っている間に、日本では北見のお菓子「赤いサイロ」の人気が沸騰し、カーリング場に問い合わせが相次ぎ、「そだね~」をみんなが真似し、その波及効果はとても大きいものになりました。
カーリングは、今までマイナースポーツだったと思います。でも、彼女たちの頑張りがここまでカーリング熱を高めたのですよね!

故郷・常呂町に帰って地元の人たちの前で挨拶をしたときの吉田知那美選手の言葉が心に残りました。
『この町にはなんにもなくて夢なんか叶わないと思っていたけれどこの町にいたからこそ夢が叶った。
 小さな町に生まれ育っても仲間がいて熱い思いがあれば夢は叶えられる。』
常呂町で大きくなっていく子どもたちに力を与えた一言だったと思います。

忘れられない涙がありました。
高梨沙羅選手が素晴らしいジャンプでメダルを決めたとき、いち早く駆け寄って「おめでとう!」と沙羅ちゃんを抱き締めた、伊藤有希選手の涙です。
「よかったねー!」と言いながら涙し、その後、自身のジャンプについて尋ねられると、もっとたくさんの涙を流しながら、うまくいかなかったことを話していました。
少し微笑みながら涙していました。喜びと悔しさと、まさに入り交じった彼女の表情が忘れられませんでした。

「鍛練」という言葉があります。
鉄などの金属を打って鍛えることです。
私たちが4年ごとのオリンピックで観ているものは、彼らの4年間の鍛練の結果です。
そして私たちはやがて日常に戻り、オリンピックも忘れてしまうわけですが、彼らの鍛練は、私たちの見えないところでずっと続くのです。
鍛えられた鋼のように強い、彼らアスリートの魂。しかしそれはまだ熱くたぎり、打たれるのを待っています。まだまだ強くなれる。まだまだ美しくなれる、と。
私は、頂点に立った人も立てなかった人も、その鍛練を続けてきた姿に胸を打たれ、喝采を贈ります。

3月9日から今度は平昌パラリンピックが始まります。ここでも鍛練を続けてきた選手たちの熱い闘いが繰り広げられるでしょう。
そこにはオリンピアンとまた違った知恵や工夫も見られるのではないかと思います。とても楽しみです。
まずは平昌のオリンピアンたちに心からの拍手を送ります。

工藤牧子

2018年3月3日

ひな祭りの限定お菓子

3月3日の「GO!GO!てるマキ」は、ひな祭り当日だったということで、
ひな祭りの限定お菓子を紹介してもらいました。

ひな祭り

●スペシャルショートケーキ(1個 480円)
●雛エクレア(1個 280円)
●弥生カップ(1個 360円)

どれもひな祭りらしく、かわいい飾りつけやトッピングがされた1品になっています!
残念ながら、3月3日までの発売だったということで…今は買うことができませんが、
来年をお楽しみに!

てるマキ

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved