ABS秋田放送

カテゴリ「鶴岡慶子」のアーカイブ

2017年8月21日

手作りマヨネーズについて

鶴岡です。
8月21日は、お休みの田村陽子さんに代わって、およそ1年ぶりの月曜日を担当しました。
陽子さんの笑い声10分の1、低音の鶴岡でお送りしました(笑)

さて、月曜日恒例、毎月テーマを決めてのレシピ大募集で、
去年担当したときは「魚」がテーマで、ししゃも春巻きを紹介しました。

今回は「マヨネーズ」と聞いて悩みました。
食材ではなく、調味料なのでなんでもあり…。
ならば、そのものを作ってしまえ~と、久しぶりに手作りしました。

普段は市販のマヨネーズを使いますが、手作りもいいものですねぇ。
ゆで卵を細かく切って、マヨネーズとあえてパンにはさんで食べると大満足でした。

マヨネーズのレシピです。

《材料》
たまご=1個
酢=大さじ1(今回はレモン汁を使いました)
塩・こしょう=少々
オイル=300cc(今回はなたねオイルを使いました)

《作り方》
[1]オイル以外をよく混ぜます。(私はフードプロセッサーを使いました)
[2]そこに、オイルを“少しずつ”入れながら良く混ぜてできあがりです。
※この“少しずつ”がコツです。スポイトで一滴ずつ入れるイメージで作ります。このスピードが速いと、ただの「オイル汁」になります(^_^;

帰宅してさっそく ツナマヨと切り干し大根を作って食べました。
たくさんのレシピをありがとうございます。とっても楽しい月曜日でした~!
それではまた 木曜日!

2016年3月18日

春のやさしい時間です

鶴岡です。
フルートとピアノが奏でるサクラソングを中心に、
3月18日、週末の「あさ採りワイド秋田便」をやさしく、ゆったりとお届けしました。
そして、9時台には、フルート奏者 畠山久雄さんにお越し頂き、生演奏をお届けしました。

というのも、3/26、27の2日間、「2016 Spring Collection」というイベントが潟上市天王「秋田グリーンサムの杜」で行われます。
初日の3/26(土)には、フルートとピアノのリサイタルがあるのです。

左から1番目が畠山久雄さん。
フルート奏者の畠山さんがフルートを始めたのは、高校生の時。
息継ぎが難しくて、最初は息を使いすぎてクラクラしてしまったのだそうです。
多くの奏者がそれを体験して、乗り越えているという話を聞いて、とても驚きました。

そして、このイベントについて、
主催のManabiのサロン代表、新野のりこ(にいの のりこ)さん(上の写真 右から3番目)、
ポーセラーツ インストラクター 俵谷隷子(たわらや れいこ)さん(上の写真 右から2番目) に詳しく伺いました。

写真は、俵谷さんの作品です。

作品は、「芸術」のイメージがありますが、俵谷さんご自身は、普段作った作品を使っているそうです。
身の回りのものが、彩り豊かになって、心も豊かになりますね。

作品の中でも、星の図柄のものです。

絵皿の星は、天上の星達。中央の馬車は、月の女神アルテミスが
毎晩オリオンを忍んで、金の馬車を走らせ会いに行くというストーリーを表現しています。

ポーセラーツの他、手織り、染め物、フラワーアレンジメント、等々。たくさんの体験ができます。
新しい趣味、夢と出会えるかもしれません。

お問い合わせは、主催:Manabiのサロン(018-832-3365)

2016年1月28日

長芋祭り

鶴岡です。
1月28日の「あさ採りワイド秋田便」では、長芋のレシピを沢山頂きました。
すって、とろろご飯にする以外に、いっぱいあるので、驚きました。

■長芋のオリーブオイル炒め(RN チューリップさん)
┗オリーブオイルに、にんにくのみじん切りを入れて香りを出します。
 ベーコン、きのこ類、長芋を入れて更に炒め、塩こしょう、醤油で調えて完成。

■長芋のバター焼き(RN きよちゃん)
┗長芋の厚切りをバター焼きにして、お醤油、かつお節、長ネギで仕上げます。

■長芋の浅漬け(RN ぶんさん)
┗長芋をサイコロぐらいに切って、浅漬けの素につけます。
 キュウリ、青い菜っ葉などを入れると、なお見た目も美しくなります。
 最後にレモンの皮を添えるとおしゃれです。

■長芋のポテトサラダ(RNタマちゃん、大仙市のRNミントさん)
┗長芋を蒸して、ポテトサラダの要領で作ります。
 なめらかで美味しいです。

■長芋とセロリのキムチ和え(RNひろぴーさん)
┗セロリは2ミリの厚さに輪切りにし、塩でもみ、水気をきります。
 長芋は、皮をむき、5mの角切りにします。
 セロリと長芋と、キムチお好みの量を混ぜていただきます。
 お酒のつまみにいいです。

■長芋グラタン(RNふりささん)
┗鶏肉や玉ねぎなど、お好みの具を炒め、少し濃いめに味付けし器に入れます。
 すり下ろした長芋をかけ、更にとろけるチーズをのせて、オーブンで焼いて完成。

■長芋のふわふわ団子汁(RN桃太郎さん)
┗長芋10センチに対して、はんぺん1枚をフードプロセッサーにかけて、卵白と片栗粉を加えて混ぜます。
 それを、スプーンで小分けにしてすくい、濃いめに作った汁に入れて煮るだけです。

■長芋ドーナツ(RNゆきなすびさん)
 長芋をすりおろし、お砂糖を入れ、油で揚げるか、フライパンで焼くだけ。
 かたさは、片栗粉で調節します。ハチミツをかけて食べても美味しいです。

■カレー鍋の仕上げ(RN鍋の時は主夫さん)
 カレー鍋の作ったものに、すり下ろした長芋や、千切りした長芋を市あごに投入して食べると美味しいです。

---
とまぁ、沢山頂きました。
実は、RN大館の俊平の父さんから、「長芋のおしゃれな食べ方を教えて欲しい」と頂いたときには、
こんなに集まると思っていませんでした。

とんぶりと混ぜたり、ぽん酢でいただくような感じで、
長芋って、「ザ・和」の食べ物だと思っていたのですが、
お菓子も、イタリアンも、お汁も、サラダにも良いのですね。
一つ一つ試してみても、半月ぐらい過ごせそうじゃないですか?

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved