ABS秋田放送

カテゴリ「賀内隆弘」のアーカイブ

2017年8月2日

スイカ夏色リクエスト

「あさ採りワイド秋田便」水曜のリクエストには、メールのほかにファクスやお葉書でもメッセージが届きます。
昨今、なかなか見られなくなった手書きのメッセージを見るのは、そのかたの息づかいまで感じられて楽しい時間です。

「梅雨明けはまだかなあ」と思いながら番組を進めているうち(放送中はまだ、梅雨明けの発表はありませんでした)スタジオに届いた「夏色」のリクエスト

スイカ夏色リクエスト

スイカの絵をご覧ください。
丸のまんまのスイカに包丁が入り、一口、二口…
すっかり食べ尽くして、三日月みたいになってしまうまでが、雑誌のパラパラ漫画のごとく活写されているではありませんか!

スイカ愛に満ちたイラストに感動し、同時に私もスイカが食べたくなってきました。

いよいよ梅雨明け。
そして竿燈も開幕。
夏も盛りを迎えます。

来週も夏歌のリクエスト(もちろん、それだけではありませんが)、お待ちしています。

2017年6月21日

aiwaなつかし話

ラジオを愛している賀内です。
私が顔をさらしているラジコのPRが、このところ頻繁に放送されていまして、
先日などは自宅で「世界の果てまでイッテQ!」を見ようとしていたら、
いきなりラップをしている自分と対面してしまい、身の置き所がなかったのですが、それはともかく。

「あさ採りワイド秋田便」内で、秋田魁新報の記事をご紹介する「アサヨミ」
6月21日は「aiwaの復活」を取り上げました。
オーディオ機器の「aiwa」ブランドを、小坂町のメーカーが取得して、久々にaiwa製品が世に出るというお話です。
「aiwa」に反応するのは、どのへんの世代まででしょうか。
比較的廉価な音響製品で知られ、入学祝いのラジカセがaiwaだった、という方もいるはずです。
カセットボーイというのもありました。
ウォークマンはソニーですが、カセットボーイはaiwaで、1980年代、ヘッドホンをつけてカセットを屋外で聴けるというのは、便利であり、最高にオシャレだったのです。

…というお話をしましたら、メールが来る来る。
「aiwaの赤いラジカセありました」
「カセットボーイありました」
「カセットはメタルテープを使いました」

から始まり、カセットやレコードという昭和の音楽媒体ばなしで、いやー、盛り上がりました。
メタルテープというのは、テープの素材が違っていて、値段が高い分、音質もいいのです。
お気に入りのLPレコード(若い人たちは『LPってなに?』と言うでしょうけれども、お父さんやお母さんに聞いてね)とか、ここぞという大事な音源を録音する時はフンパツしてメタルテープを使ったのです。

記録媒体は、レコード、カセットから、DAT、MD、MOなどを経て(知らない人はお父さんやお母さんに聞いてね)、マイクロSDなどに代わってきましたが、
「このアーティストが好き!」
「この曲が聞きたい!」

という気持ちは変わらないと思います。

リクエストは、台本も打ち合わせもない、その時その時の一発勝負。
毎週水曜は、いつも新鮮な気持ちでリクエストにお応えしています。
「マイクに向かい30年」というのは、そういう気持ちでもあります。

2017年3月31日

セロリのがっこはおいしかったが

この1年間、「八重樫ANのお料理コーナー」
多大な反響を呼んでまいりました。
年度のしめくくりとして八重樫さんが作ったのが「がっこ」

がっこ3品

ベテラン主婦であるディレクターとアシスタントさんは、
大根を刻んで味噌や醤油に漬けこみ、いい味わいの「作品」になっていたのですが…
八重樫さんはどうしたことか、セロリ
恐る恐る食べてみると。

いいじゃないか!
セロリのシャキシャキ感をしっかり残しています。

賀内ANがスタジオで試食

単品で食べるにはけっこう濃い味つけですが、ご飯が進みそうな味わい。
これ、刻んでご飯に混ぜ込むとか、それをおにぎりにしたら、癖になると思います。
八重樫さん、味見をしなかったにしては、いい味わい(←味見してくれ!)

昨年4月1日から46回続いた、この金曜コンビはきょうでおしまい。

花束でスマイルの2人

4月からはそれぞれ、別の道を歩み始めます(←芸能人の記者会見か!)
これからも「あさ採りワイド秋田便」を、どうぞお楽しみに。

八重樫さーん!(続く)

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved