ABS秋田放送

カテゴリ「パーソナリティお料理中継」のアーカイブ

2011年12月29日

2011年12月29日(木)[鶴岡]

はーい 鶴岡です。
いくさんの「黄金きんぴらごぼう」の作り方はとてもシンプル。

いくさんが少女時代につまみ食いしたというのも 納得の美味しさ。お祖母ちゃんの味を覚えているいくさんの息子さんがダメだしをするのだとか。最近は「味が近づいてきたね」と言うそうなので、ようやく合格点か?
同じ味ではないと思いますが、こんな感じでしょうか?というのを今日は、番組でお届けしました。

【材料】
・ごぼう 2本分(太めの千切り)
・鶏肉もも 1枚(一口大)
・生たらこ 1腹
・酒 大さじ2
・しょう油 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・かつおのだし汁 100〜200cc

【作り方】
(1)サラダオイルでごぼうを炒める。
(2)鶏肉を合わせて炒める。
(3)酒・しょう油・砂糖を入れた後、味を見ながらだし汁を足していく。水分を飛ばしながら、煮詰めていく。
(4)最後に生たらこを入れて、火が通ったら完成。

このほか、オプションとして「伊達巻き」と「辛子れんこん」を持っていきました。
我が家のおせちの定番です。

伊達巻」は、たまご、はんぺん、砂糖、酒でたまご液を作って焼くだけです。一年に一度のふわふわ伊達巻きは、あっという間になくなります。
辛子れんこん」は、れんこんと砂糖、酒、しょう油を全部混ぜて炒め煮をします。長く加熱するとシャキシャキ感が抜けて、お芋の様にホクホクになってしまうので、ここはちょっと加減が必要です。
我が家の人気メニューです。人気なので、おせちに限らずよく食卓にのぼります。

というわけで、
今日は、柴山家+我が家のおせちのご紹介でした。一品だけでも手作りのおせちがあると良いですよね。

2011年5月5日

2011年5月5日(木)[賀内]

賀内です。

なつかしの「パーソナリティお料理中継再び」というわけで、私と鶴岡さんが料理作りを体験して、その様子を中継する企画が帰ってきました。私が二年ぶりに、おっかなびっくり、取り組んだのは「簡単!! 絶品☆ 電子レンジチンするだけ!! ピリ辛チャーシュー」です。
二年前の「お料理中継」の時に秋田駅前のイトーヨーカドー(当時)で買ったエプロンを出してきて、かっこうだけは一人前です。

材料は
●豚もも肉ブロック:300g
●特製だれ
├にんにくすりおろし:2かけ分
├味噌:大さじ1
├醤油:大さじ1
├砂糖:小さじ2
├ごま油:小さじ1
├豆板醤:小さじ1
├水:大さじ2
└マーマレードジャム:小さじ1
●これに、好みで練りからし少々、サニーレタス適宜

どれも、ご家庭にある一般的な調味料です。鶴岡さんが材料を紹介しているうちに私は「つまり、大さじ1か2か、どっちかでいいんですね」などと場をわきまえない発言をして、鶴岡さんからたしなめられる始末。先は遠いです。

でも、作り方は簡単です。
・たれの材料を混ぜ合わせて豚肉にかけ
・レンジで12分加熱し
・ひっくり返してラップをかけ、20分置くと余熱で火が通っている

...と、こうなんですよ。
私が料理の先生と呼んでいる鶴岡さんも「これでチャーシューができるんですね」と感心しています。わが生涯初のチャーシュー作りが始まります。

タレを慎重に混合します。

タレをかけます。

耐熱容器に入れて加熱します。

ホントに12分でいいのか。走る緊張。ほどなく、醤油とごま油とニンニクが一体となった匂いが、レンジの周りに漂ってきます。間違っていなかったのだ!
12分後、豚肉はきれいな色に焼き上がり、タレに浸りながら転がっていました。

ラップをかけて20分余熱。5ミリほどに切るのですが、これがうまくいかず、1.5センチになったり、先細りになったり。

でも、鶴岡さんは「おいしい」と言ってくれました。やさしい先生です。
私も食べてみると...うーん、案外いけるではないか。やればできるぞ!

ところが鶴岡さんは、私のチャーシューが失敗に終わることを予期して、なんと別の料理を作っていたのでした。それは鶴岡さんの日記で。

2010年4月30日

2010年4月29日(木)

賀内です。

満を持して放つ「パーソナリティ料理中継」
鶴岡さんが「行楽弁当」をテーマに、腕をふるいました。
くわしいレシピは別途アップしますのでそちらをご覧いただくとして、調理中も私は気になってしまい、特設キッチンに足を運び、鍋の蓋をあけたり、落ち着かないことでした。

キッチンに近づいていくだけで、濃厚でおいしそうな香りがしてくるのです。

待つこと1時間半、ついに
・スペアリブ
・マッシュポテト
・温野菜 オリジナルドレッシングがけ
・わかさぎマリネ
・ペンギンおにぎり
海のもの、山のもの、里のものを網羅した豪華5品のできあがりです。

蓋にご注目ください。鶴岡さんの姓にちなんで鶴のデザイン

前夜、あれこれ気になって眠れなかったという鶴岡さん、仕事をやりとげた満面の笑顔です。

スタジオで謹んで試食。もう、120点の味でした。先生と呼んでいいですか?

では、先生のコメントです。鶴岡さーん。

☆----------☆----------☆----------☆----------☆----------☆----------☆

はーい、是非!先生と呼んでほしい、鶴岡です(笑)。

忘れ物がないか、これが一番心配でした。
実は買い出しも一度目忘れたものがあって、もう一度スーパーに行ったのです。
何度食材を確かめたことか。
お料理自体に不安はあまりなかったのですが、準備自体が不安で落ち着かなくて、何となく眠れなかったのです。

お弁当というテーマは、ハードルの高いものでした。
お料理は好きですが、盛りつけのセンスはゼロで、味は良いが、売り物にはならないというのが私の周りの評価です。
お弁当は品数と、彩り、詰め方。...この詰め方にとても気をつかいました。

晴れていれば試食は外でしたかったし、番組後そのままお花見に行くのもいいなと思ったのですが、ざっと雨が降って、断念しました。
残念です。

レシピはこちら(PDFファイル)を参考になさってください。

眠れなかった昨夜の分、番組後はお昼寝です。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved